1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19

Category: お出かけ

Tags: ---

Comment: 0  

アンコールワット 3 ankor thom
そして「アンコールトム Angkor Thom」アンコールトムはアンコールワットより広くて壮大でした。

120419-1.jpg


今のカンボジアはほとんどが仏教徒だそうです。ただ仏教が入ってくる前はヒンドゥー教だったとのこと。
ガイドブックを見るとヒンドゥーとして建てられたものがあとから仏教の寺院に改築されているとかかれていたり、仏教寺院だけれどヒンドゥーのお話が彫られていたりするところがあるようです。


120419-2.jpg


120419-4.jpg


今回紹介しなかった遺跡もいくつか回りました。
写真でみるとどこも似たような印象になってしまって、これを見ている人もみんなおんなじじゃんって思うかもしれません。

けれどここで紹介したところは、ほとんど遺跡の知識がなく、典型的な一般人の私でも印象に残っているもの。
まだ訪れたことのない友人に聞かれたら、行っておいた方がいいよって声をかけたくなった場所です。

------------------------------------------------------

シェムリアップからカンボジアに入り、遺跡をめぐってカンボジアを出てしまったので首都のプノンペンなどの都会にはいきませんでした。
片やタイで行った遺跡はアユタヤやチェンマイなど今でも地方都市として認知されている場所。
だから正確に比べることはできないけれど、タイとカンボジアはぜんぜん違いました。

小さな飛行機でシェムリアップに着陸するまで、窓から下を見ていたのですが見渡す限り森林。ところどころ池があり川が流れているだけでジャングルが広がっていました。

遺跡から遺跡へバスで移動する間にみえる民家は、ほとんどが木造の高床式の小さな家。わらぶきのような家もあります。
水道はなく井戸水で生活をし電線もありません。家の前には農作業で活躍する牛が2,3頭と鶏がいる。
そんな景色が延々と続いています。

実はこのツアーの最初の場所はキリングフィールド。
映画「the killing field」をご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私は題名を聞いたことしかなく、キリングがkillngだということも今回行く前に文字で見て始めて知ったくらいでした。

旅行に行く前に軽くカンボジアについて読んで入ったのですが、そこに展示してある人骨や写真はカンボジアの中で内戦がまだ数十年前のつい最近終わったばかりの出来事であることを伝えています。
ツアーのガイドの人が堪能な日本語で子と細かく話す話はとても重かったです。

最後に、4月のカンボジアはほんとに暑かったです。タイから行った私たちもヘロヘロ。
日本から行く方はお気をつけください。

120419-3.jpg

スポンサーサイト

テーマ : カンボジア    ジャンル : 海外情報

18

Category: お出かけ

Tags: ---

Comment: 0  

アンコールワット 2 Ankor temples
前回紹介したタプロームと同じくらい気に入ったのが「ベンメリア Beng Mealea」です。

120418-9.jpg


ここは最近地雷除去が終わったばかりで修復や樹木の伐採が行われていないと説明されました。

実際、そんな感じ。鬱蒼としたなかに遺跡があります。
どちらかというと、こういった探検気分が味わえる方が楽しい。積み重なった石の上を歩いているとなんかわくわくしてきます。

120418-10.jpg


120418-11.jpg



テーマ : カンボジア    ジャンル : 海外情報

18

Category: お出かけ

Tags: ---

Comment: 0  

アンコールワット 2012春
2012年のソンクランがやってきました。昨年のソンクランはチェンマイで水かけに参戦しました。
今年はカンボジアのアンコールワットに行ってきました。

アンコールワットは友人たちから行っておくべきと言われていた場所です。
「良かった。」という意見もありましたが、「以前は入れたところが危険という理由で入れなくなってきている。」という話を聞いてそれは今のうちに行っておかなければ!!と思い今年の行き先と決定しました。


今回は完全なツアーに入っての観光です。日程表を見たときからこれはいつものペースではいられないかも・・と覚悟はしていましたが、実際かなりハードでした。

スワンナプーム空港からシェムリアップ空港まで一時間。プーケットより近いかもってくらいあっという間でした。

タラップをおりて直接歩いてイミグレに入ると、ビザを申請して入国です。
さあ、カンボジアだわって足を踏み入れようとしたその瞬間、目の前の歓迎の人々の多さにびっくり!!

みんな赤い服を着ています。タイの赤服の人たちでした。
どうやら同日、タクシンが専用機でシェムリアップを訪問して政治家と会うとかで、タイ国境からやってきたタクシン支持者が赤い旗を持って歓迎の準備中だったのです。

報道を見るとお正月ということもあって、1万人が入国しているとか。
このときはあらびっくりくらいにしか思わなかったのですが、今後ずっとこのタクシン派の人たちと遭遇し続けることになります。

圧巻


きれいな写真って難しいね。

120418-2.jpg



これは奇跡的に写せた写真。何が奇跡的って、次の写真を見てください。

Continue

テーマ : カンボジア    ジャンル : 海外情報

02

Category: お出かけ

Tags: ---

Comment: 0  

シンガポール その4
110412-1.jpg

ちょっと間にチェンマイが入ってしまいましたが、シンガポールです。

No duriansを守らなかったときの罰金は書いてありませんが、どういうことでしょうか。

持ち込まないでね?っていうお願いだと受け止めればいいのかな?

シンガポールではMRTにたくさん乗りました。便利ね。
なんか車体の感じとかホームの感じとか香港にそっくり。どこにいるのか分からなくなりそう。駅名に漢字もあったしね。

駅の構内にこの表示がありました。面白かったのでつい・・・・

02

Category: お出かけ

Tags: ---

Comment: 0  

ワット・ドイ・ステープ
チェンマイでも有名なお寺、ワット・ドイ・ステープ。
仏舎利が納められているとのお話しでした。ソンクラーンに行ったのでタイ人もたくさんお参り中。

110502-1.jpg




今までタイの中のお寺とか遺跡などに行ったけれど、ここは一際輝いていました。
見上げるとまぶしすぎる!!
修理したてなのか、いつもこの耀きを保っているのか分からないけれど、ピッカピカ。

ところでこちらのお寺には数え切れないほどの鐘があります。
この鐘、全部ならすと良い事があるとか願いが叶うとか。
そのかわり、鳴らすなら全部鳴らさないといけないとか。人伝に聞いたのですが、聞いてしまうとなんとなく鳴らさずにはいられません。

でも、本当にたくさんあるの。

Continue

テーマ : タイ・バンコク    ジャンル : 海外情報

28

Category: お出かけ

Tags: ---

Comment: 4  

モン族の手仕事
今回、チェンマイで絶対に買いたかったもの。それはモン族の刺繍が施されたバッグです。
バンコクではモン族以外にもいろいろな北部の民族の雑貨が売られているのですが、モン族は刺繍で有名なんです。
チェンマイからすぐのところにモン族村があり、そこで民芸品が多数売られているのでとても楽しみにしていました。

ところでこの旅行で行くまで詳しく知らなかったのですが、モン族ってメオ族とも呼ばれているようで、それってミャオ族の事だそうです。ミャオ族=苗族なので中国から東南アジアに掛けて広く分布しているようです。

写真下手


バッグや靴や袋、布地などたくさん売っていました。
目移りしちゃう。

Continue

テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 海外情報

27

Category: お出かけ

Tags: ---

Comment: 0  

チェンマイでゾウ
チェンマイには有名なゾウの村?があります。動物園という感じではありません。
ゾウしかいないしね。でもその代わりたくさんいます。
どのくらいって

70頭越え


このくらい。幼稚園(まだデビュー出来ないような赤ちゃん達)は別にあるらしいので
総勢はどのくらいいるのでしょう。

Continue

テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 海外情報

26

Category: お出かけ

Tags: ---

Comment: 0  

チェンマイでタイのお正月を過ごす
タイのお正月はソンクラーンと言って、4月にあります。といっても街中ではクリスマスも盛大に飾り付けられますし、暦通りのお正月も新年として祝います。
加えて、中華系の人がいるためか、旧正月前にもそれ相応の飾り付けもされます。

それでも、タイ人にとってのお正月はこの四月のソンクラーン。
そして、ソンクラーンと言ったらみずかけです。

もともとは伝統的でチョロチョロッとお水をかけて清める行為なのでしょうが、現在のタイの水掛は大騒ぎの無礼講です。

その時期は町を歩いていると水鉄砲やバケツで思いっきり水をぶっかけられます。
昼間に歩いて買い物なんて絶対に行けません。

昨年のソンクラーンはプーケットにいました。こちらでも盛大な水掛が繰り広げられたのですが、
プーケットはビーチですから、多くの人が水着を着ています。みんな濡れるべくした格好でいるのでいいのですがバンコクにいるときは、バケツで水をかけられるとたまったものではありません。

でも、怒っちゃいけないんだって。

で、今年はその水掛がもっと激しいと有名なチェンマイに行きました。

Continue

テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 海外情報

20

Category: お出かけ

Tags: ---

Comment: 2  

シンガポール日記 その3
曇り空



シンガポールに着いた日はあいにくのお天気。今にも雨が降り出しそうな様子でした。
案の定、お昼ご飯を食べている間に土砂降りになり、お店の人には悪いけれどかなりの長居をして雨をしのぎました。

こちらの写真はクラークキー。夜は結構なにぎわいのようですが残念ながらお昼しかいくことはありませんでした。

今回の滞在はこのクラークキーに歩いていける場所にある小さな小さなホテル。
家族経営のようなペンションのようなホテルでしたが、駅まで歩いてすぐだったしとても便利な立地で満足しました。

Continue

テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 海外情報

12

Category: お出かけ

Tags: ---

Comment: 0  

シンガポール日記 その2
外にいます。

こちらは今までどおり外にいます。


息子の方を撮影してから、マーライオンホテルに並びます。1回に20-30人を入れて観覧させるシステム。
次の回で入れました。
マーライオンは素手で触れるほど近いけれど絶対に触らないでねと言われました。
宿泊している人はその約束を守る事が出来るのでしょうか?

Continue

12

Category: お出かけ

Tags: ---

Comment: 2  

シンガポール日記 その1
私は誰でしょう

こんな近くで後ろ髪?たてがみ?を撮影出来るなんて


無事シンガポールから帰ってきました。5日間の滞在はとても楽しく充実した時間を過ごせました。
シンガポールに在住のお友達にも3年ぶり?くらい出会う事が出来ました。

書きたい事はたくさんあるのですが、まずは行きの飛行機。
はじめてair asiaを利用してみました。

中では一切飲み物や食べ物のサービスはないと聞いていたのですが、正確には無料ではないということです。
お水やコーヒーもお金を払えば買えます。コーヒーが50バーツくらいかな。
食事も買えます。
買っている人もいました。

私自身は空港で食事も済ませ、飲み物も買っていたので機内でのサービスは受けませんでした。

あっという間にシンガポールに着いたので別にこれでもいいんじゃない?と思いましたよ。

Continue

テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 海外情報

29

Category: お出かけ

Tags: ---

Comment: 4  

ああ、マーライオンが!!
近いうちに、シンガポールに行く予定。
実はシンガポールは初めてだし、楽しみにしていました。
いろいろ行きたいところはありますが、やっぱりシンガポールに行ったらマーライオンは必見です。
たとえ、「3大ガッカリ」の筆頭にあげられようが、やっぱりそれすらも話のネタになります。
ガッカリなら思いっきりガッカリしてこようと思ってさえいました。

が、ガッカリです。今普通のマーライオンが見れないなんて!!(こちらを是非見て

信じられません。これってどういうことでしょうか。

Continue

19

Category: お出かけ

Tags: ---

Comment: 0  

バンコクのソンクラン
プーケットからバンコクに戻ってきて、驚いたのはまだ街中で水掛けがおこなわれていた事です。
実際、13日から15日はソンクランの休日ですからまあ、おこなわれていて当然なのですが、プーケットが
一夜限りのお祭り騒ぎだったのでビックリしました。
15日はお天気もよかったので、至る処で水を掛けられました。

が、バンコクは私にとって旅行先ではなく、生活の場。
水着で歩いているわけでもないですし、持ち物も多かったりします。
水を掛けられそうになったりすると、本気でイヤです。

買い物帰りにシーローに乗っていても、思いっきりタライで水を掛けられました。
シーローは窓がないですから自分も買い物袋もずぶぬれです。

ちょっと、うれしくない。

16日からはお天気も崩れがちで、そんな騒ぎも落ち着きましたが、まだ店員などはアロハシャツを着ています。

長かったソンクラン休暇も今日で終わり。
明日からはまた普通のバンコクに戻るのかな。

100416-1.jpg


今回は水鉄砲に必死で、海の写真が全然撮れませんでした。
とてもきれいでしたが、個人的には海のきれいさより、砂の細かさに感動。踏むときゅっきゅいいそうなほど細かい砂が印象的でした。(ジップロックごしの写真のため、曇り気味)

テーマ : タイ・バンコク    ジャンル : 海外情報

18

Category: お出かけ

Tags: ---

Comment: 0  

プーケットのソンクラン
タイの情勢は日本でも報道されているようですね。
その中でタイのお正月ソンクラン、とか水掛け祭り等の言葉を聞いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
私はバンコクに来るまでタイ独自のお正月ソンクランがある事も、そのときにみんなが水をかけ合う風習がある事も全く知りませんでした。
そして、水掛けがどんなに盛大かを説明されてもいまひとつピンと来ませんでした。

さて、ソンクランの休暇をどこで過ごそうかと真剣に悩んだあげくプーケットに行く事にしました。
プーケットは暑季がおわると海が荒れて遊泳禁止期間に入ってしまいます。その前に行ってみたかったのです。

ソンクランは13日から15日まで。
けれど12日の時点ですでに水鉄砲を持って歩いている人がちらほらいました。
日が落ちた後はお店の前に大きなバケツいっぱいに水をためて、おけで水をバシャバシャ通行人や車に掛けている人も増えてきていました。
が、やっぱり本番は13日。

13日は街全体で大水鉄砲大会です。
プーケットは圧倒的にファランの観光客が多いです。彼らはこの水鉄砲大会を本気で楽しんでいます。
いいおじさんが水鉄砲を片手にげらげら笑いながら走っている姿は圧巻でした。

この水掛け、楽しみ方はいろいろあります。
ひとつはピックアップトラックに乗って街中を走ります。

100416-3.jpg
こんな感じ。カメラをジップロックに入れての撮影のため、画像が悪いのはご容赦御免。


Continue

テーマ : タイ・バンコク    ジャンル : 海外情報

22

Category: お出かけ

Tags: ---

Comment: 0  

パタヤ日記
パタヤもバンコクからとても近いです。
連休でなくても週末にいける手軽な場所です。

バンコクに週末を跨いで来た出張者が遊びに行ったり、ツアーの一日がパタヤに当てられたりしています。

でも、やっぱり白い砂浜に青い海って訳にはいきません。
そういうのを求めるにはもうちょっと遠出しなければならないのです。

小さな子供がバケツとシャベルを持ってお山を作って・・・って感じではありません。
バナナボートに乗って、パラセイリングで飛んで、ジェットスキーをしちゃうっていう感じです。

100227-1.jpg

Continue

テーマ : タイ・バンコク    ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。