6
8
12
22
  07 ,2007

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

日本の本を読む
香港には日系の本屋さんがあります。そこに行けば週刊誌、女性誌、男性誌、りぼん、小学一年生みたいなものも手に入ります。
こういった雑誌はやはり鮮度が命。air便で届きます。
JJのようなファッション誌ももちろんあります。が、joonaはほとんど買いません。季節感も違うし、購買意欲が刺激されないため手にしなくなりました。たまに友人宅で見せてもらいますが、最近のお化粧は難しそうですね。ちょっとまねできません。

そんなjoonaですが実は読書好き。船便の本も1,5倍ほどしますがこれは必要経費と割り切って読みたいものは買うようにしています。
が、日本人が多いとは言ってもここは外国。品揃えは日本のようにはいきません。注文も出来ますが3週間ほど待たされる事になります。
もともと、本屋さんに一時間くらいいて、気に入った本を買うというタイプだったのでどうしても売れ筋に絞られた日系の本屋さんでは人気作家のものばかりに手を出してしまう事になります。

最近読み終えたのはこの2冊。
どちらかが彼女を殺した どちらかが彼女を殺した
東野 圭吾 (1999/05)
講談社

この商品の詳細を見る

私が彼を殺した 私が彼を殺した
東野 圭吾 (2002/03)
講談社

この商品の詳細を見る

Continue

スポンサーサイト

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。