6
8
12
22
  07 ,2007

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25

Category: 香港生活情報

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

HSBC 銀行口座講座
以前、銀行口座がないのにクレジットカードを発行してもらった事を書きました。(クレジットカードと銀行口座参照)
その後無事HSBCの口座を開きました。

友人に、公共料金の支払いについて問われたのでその件に絡めてちょっと書きます。知っている人にとっては知っている話です。(当たり前)



香港で生活をしていると電気代ガス代水道代などもろもろのお金がかかります。そのほかに電話代携帯代ケーブルテレビ代ブロードバンド代?などが請求されます。
これらの料金は郵便局やセブンイレブンで支払う事もできますしチェックを郵送するという手段も選べます。もちろん銀行のATMで支払いも可能。
joonaの場合は毎月ATMかインターネットバンキングで清算しています。すると友人が名義が違うものでも大丈夫なのか?と心配顔です。

そうですね。香港でお部屋を借りている場合、公共料金はオーナー名義のままです。でも大丈夫。顧客番号をいれて金額を指定するだけですから。
入金しているあなたが誰かなんてことは誰もきいてません。あなたの口座からオーナーの料金を払っているわけです。

引っ越しをして支払う電気料金名義が変わろうが、名前なんてみちゃいません。joonaも一度前のオーナーの番号で入金しそうになりましたよ。
いつも、番号の押し間違いでもわからないじゃないの・・・と不安になるくらい。(正確にはいちどATMで支払いをすると、記録されるため次回からはこの番号?って聞いてきます)

そして、これはクレジットカードでもいえること。
クレジットカードの支払いも番号を入れた後金額を押すだけです。
引き落し講座の名義とクレジットカードの名義人は一致していなくてもかまいません。

Continue

スポンサーサイト

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。