1
3
4
6
7
9
12
13
15
16
17
18
20
21
23
24
25
27
29
  09 ,2008

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26

Category: 洋書と和書

Tags: ---

Comment: 4  

星の王子さま
星の王子さま、フランスの作家サン=テグジュペリの作品です。
有名ですね。一番好きな本にあげる人もいます。

けれど今まで実際に読んだことはありませんでした。
おまけにサンテグ=ジュペリだと思っていました。(恥ずかしい)

読んだことがある方はいらっしゃいますか?

私は岩波書店の「内藤濯 訳」を読みました。

愛蔵版 星の王子さま愛蔵版 星の王子さま
(2000/11)
サン=テグジュペリ

商品詳細を見る


なんでそんなことをことわるのか。
読み終わったあと真っ先に、これって作品がいいのか訳がいいのかどちらなんだろうと疑問に思ったからです。
この雰囲気って翻訳の力量なのかなと感じたからです。

だったら原書を読んでみればいいのかもしれませんが、フランス語ですからちょっと無理。
それで調べてみると今現在は何人もの人が翻訳してそれぞれ出版しているようです。
(公式ホームページはこちらです。確認できます。)

Continue

スポンサーサイト

テーマ : 海外小説・翻訳本    ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。