1
2
3
6
7
8
9
10
11
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
25
27
28
29
30
31
  03 ,2009

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26

Category: ハイキング

Tags: ---

Comment: 14  

香港島のハイキング
先日、本当に久しぶりにハイキングに行きました。

もう3月も終わりですから、この時期に行かなければ、きっと今年も一度もハイキングをせずに終わってしまう・・・という危機感から、重い腰をあげたのです。

前日の夜にカメラの充電をチェックしてみると、1/3くらいしかありませんでした。

久しぶりのハイキングですから、写真はたくさん撮りたいし・・・と思い、しっかり翌朝まで充電しました。
準備は万端です!!


が、結局、今こちらでお見せできるのはこの写真くらい。

あの建物はなんだっけ


あの建物は何だろう



天気のせいで、良い写真が撮れなかったのと言い訳したいのですが、実はそうではありません。

あまりの久々のハイキング、歩くのも登るのもきつくってきつくって、リュックからカメラを出す気力なんて沸いてきません。

もう、それどころじゃあありません。

だけど、前半の休憩の時に気力を振り絞って撮ったこの貴重な二枚。
どうかご覧になってやって下さい。

Continue

スポンサーサイト

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

24

Category: 香港生活情報

Tags: ---

Comment: 0  

契約更新にあたって 前編
香港のマンションは大抵二年契約です。
私の場合は1年FIX、その後の一年は2ヶ月前noticeです。
一年間は契約を解除できないが、その後は2ヶ月前に連絡を入れればいつでもその家を出ることが出来るというものです。
つまり最初の14ヶ月は引っ越しを出来ないが、そのあとは契約満了を待たずに出ていくことも可能と言うことです。

けれど今まではいつも契約満了の2年を過ぎる前に引っ越しをしたことはありません。
また、契約を更新したこともありませんでした。

今回、契約が満了するに当たって、また家を探そうかしばし悩みました。

香港の家賃の相場が一時期よりも落ちていると言うことと、今のお部屋にいくつかの不満な点があったためです。

けれど引っ越しってとてもエネルギーのいる作業。
お部屋探しから、契約するまでの交渉、実際のお引っ越しを経て、新居で落ち着くまで、膨大な時間と体力と気力が必要です。

ひとまず再契約交渉でどの程度不満な点が解消されるのか、当たってみることにしました。

Continue

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

16

Category: 映像

Tags: ---

Comment: 1  

映画版 スラムドッグ$ミリオネア
結局見てきました。気になってしまって。
映画は映画でとても楽しめました。設定などはかなり変わっていましたが。

まず、先日の記事の時点で疑問だった主人公の名前「ジャマールくん」の件です。

原作では孤児でありそれ故に変わった名前になってしまっていましたが、映画ではきちんと母親がいたため孤児ではなく、またイスラム教徒から逃げるシーンがあったので、彼がヒンドゥー教徒だということがわかりました。
きっとジャマールはヒンドゥー教徒の名前って事なのでしょう。

また、幼少期から行動をともにする「サリム」くんが友人ではなく兄となっていました。
他にも設定が変わり、わかりやすくなってよかったかもしれません。


なにしろ子役の子供の黒目がちな目がかわいらしい。
チビジャマールのかわいらしいこと。

インドっぽいテンポのある音楽にのせて、裸足で駆け回っているシーンを見ているだけで、インドの活力、恐るべし!って気分になってきました。

Continue

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

12

Category: 洋書と和書

Tags: ---

Comment: 1  

一気読み
私は本を読むときは大抵「一気読み」。本を開いたら最後、結末まで遊んだりしているヒマはありません。途中で寝る(夜を越す)のもあまり好きではありません。
だって、気になって熟睡できません。

そのかわり気乗りがしない本だとだらだらと一ヶ月くらい、いじって結局最後まで読まないかのどちらかです。

さて、今回読んだのは「ぼくと1ルピーの神様」という本。
映画「スラムドッグ$ミリオネア」の原作になった本です。


ぼくと1ルピーの神様 (ランダムハウス講談社文庫)ぼくと1ルピーの神様 (ランダムハウス講談社文庫)
(2009/02/20)
ヴィカス スワラップ

商品詳細を見る


一気読みしました。大変おもしろかったです。

実は最初映画を見ようと思ったのですが、見たい映画もたくさんあるし、そういった映画を英語の広東語字幕という状態で完全理解できるか自信がなかったので、この作品は、本にしておこうと思い、購入したのです。

けれど、読み終わってみるとどうしても映画が見てみたい!!と言う思いが復活。
と言うのも、映像化されるとどうなるのかと言う好奇心もあるのですが、どうやら映画と本はかなり内容が違うらしいのです。

Continue

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

05

Category: 映像

Tags: ---

Comment: 6  

3月の映画
3月は珍しく、日本の映画がたくさんやってきます。
まずは
neko


「グーグーは猫である」です。
あら、どうやらもう始まってますね。まあ、ゆるりと見に行ってみましょう。

それと
武!


怪人二十面相。
日本で上映されていたときから、絶対香港に来るだろうけれどいつ来るか!?と思っていたら忘れたころやってきました。
あら、こんなところにも仲村トオルが。よく働いてます。

まさかこんなにずっと活躍する役者になるとは思っていなかったわ。思わぬ誤算。

それとやっぱり、忘れちゃならない受賞作。

Continue

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

04

Category: 洋書と和書

Tags: ---

Comment: 0  

最近の読書
ご無沙汰しております。
天気が悪いとなぜか気分も沈みがち。

まわりもお引っ越しなどの話題が多く、みんな忙しそうなのでなんだかひっそりと引きこもっております。
ブログって書く話題がなくて滞ると、なんだかおっくうになってくるものなのだ・・・このままお終いにしようかな・・・なんて思っていましたが、ちょっと気力を振り絞って書いてみます。




「チームバチスタの栄光」映画もドラマも話題になっていたので、続編を読んでみることにしました。
この本、「このミス」大賞!受賞と書いてありますけれど何の略?とおもったら「このミステリーがすごい大賞」でした。ちょっと略しすぎではないでしょうか。国内では認知されているのでしょうか。

もうすぐ映画が公開されるという「ジェネラルルージュの凱旋」を読もうと思いましたが、どうやらその間に「ナイチンゲールの沈黙」という本があると言います。
時間もたっぷりあるしせっかくなので順番に読むことにしました。

映画化などがされると、本に宣伝の帯がついています。
私の買った本にも「阿部寛と竹内結子と堺雅人(篤姫の殿の人)」の写真がついていました。
読む前からなんだか顔がちらつきます。
竹内結子なんて本の中では男性なので、なんだか納得いきません。

Continue

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。