2
3
4
5
7
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2009

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14

Category: 食事

Tags: ---

Comment: 6  

やっぱり夜に行く?
帰国が決まった知人達が駆け込むレストランの一つ”JUNBO”。
知っているけれど行ったことがない、でも帰国前には行っておきたい、そんなところなのでしょう。

けれどなぜか私の知り合い達は、昼間に行かれているようです。
感想を聞くと、思った以上に楽しかったと皆さん口をそろえて言われます。

そう聞くとなんだか私も行ってみたくなりました。

でもね、きっと一度しか行かないのだから、やっぱ夜に行きたいな~と思い、決行。

輝いています



ココって、おいしくないとか、観光客の扱いがヒドイとかいろいろ聞きます。
けれど私が行った日は特に団体客にも会いませんでしたし、外側は派手派手ですが中は暗めで落ち着いていて、扱いも悪くはなかったです。

周りの席も香港人ぽかったしね。

Continue

スポンサーサイト

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

08

Category: 作品

Tags: ---

Comment: 2  

引き続き
先日のアクセサリー話の続きです。

紐を使ってアクセサリーを作ると、当然ながらとてもアジアチックになります。
もちろんそれが狙いだったりするのですが、私のような完全なアジア人がそれをつけているとなんだか普通。というより、どちらかというとTOO MUCH!!な気がします。

ですからいつも、アジア度をある程度押さえるよう気にしています。

それは紐の色だったり、石の色だったり、組み合わせだったり。

お教室ではインドネシア人やマレーシアから来た人たちが、金の紐に赤い石とか、それは重いんじゃないですか!?と思うような大きな石をぶら下げて得意げに写真を撮ったりしていて、それはそれで素敵だったりもしました。
本気で「まあ、素敵ですね」と声もかけましたが、でも自分がつけている姿はちょっと想像が出来ないなあ~と思ったりもしました。

Continue

06

Category: 映像

Tags: ---

Comment: 2  

ブタがいた教室
これをみました。
ある意味タイムリー?

ブタがいた教室 (通常版) [DVD]ブタがいた教室 (通常版) [DVD]
(2009/04/10)
妻夫木聡原田美枝子

商品詳細を見る


これは実話を基にしているんですよね。もうその当時の子供は大人になっているくらい前の話ですけれど。

これから見る方、できれば数人でみることをオススメします。

なんでって、熱く語りたくなってくる映画だからです。
最初に「大きくなったらみんなで食べましょう」という提案で小学校で飼い始めた豚。

愛情が湧いてきて、でもタイムリミットも近づいてきて、さあどうするかで子供達が議論する映画なのですが、育て続けるか最初の予定通り食べるかに加え、そもそも何でそんなことするの?とか豚である必要あるの?とか食べ物のありがたみとかって、育てた豚を食べることで学べるって本当に思ってるの?とかいろいろな事が頭の中を駆けめぐります。

先生に対して。

Continue

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

01

Category: 作品

Tags: ---

Comment: 6  

春だから
季節が変わって、何となく気分も変わってしばらくご無沙汰していたアクセサリー作りを再開しています。

先日は、この趣味がきっかけで知り合った方のところに遊びに行ってきました。
彼女との出会いを考えるとちょっと不思議な気分になります。

パールや銀をつかって作るアクセサリーも、紐や革を使って作るアクセサリーも両方習いたいなあとおもって探した教室。

開講日も特になく、やりたい人がやりたい物をやろうという趣旨のこの教室は、大半の生徒さんが欧米人でした。

すこし授業料が高いので、友達を誘うのもはばかられ一人で乗り込むのはちょっと勇気がいりました。
ドキドキしていたところ、同じ日にお教室の門をたたいた日本人がいました。
それが彼女。

もうこれだけで私の中ではかなりの運命的な出会いです。
ああ、心強かった。
英語も堪能でとてもありがたかった・・・・

週に1回、3時間手を動かしながら、口も動かしているうちにだんだんと仲良くなったつもり。

今までの経歴も、作るアクセサリーの傾向も全く違いましたが、それがかえって良い刺激になりました。

石の色はグリーン系
彼女のデザインをちょっと拝借。私だったらこの色ってことで。


Continue

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。