1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
16
17
20
21
24
25
26
27
28
29
  09 ,2009

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19

Category: 曼谷生活情報

Tags: ---

Comment: 0  

天候 その2
この時期、バンコクの朝は大抵晴れています。というより雨が降っている事はあまりありません。
明け方まで降っていた雨がやんで、地面がぬれていたり、そこに太陽が差して恐ろしいほどの湿気が立ち上ってきたりしている事はありますが、まあ、雨が降っている確率は低め。

そしてそのまま午後に入ります。
最初の兆しは2時くらい。
さっきまで明く穏やかだった空がなんとなく暗くなってきたなあ~なんて思ったら、すぐに洗濯物を
取りこんだ方が良いでしょう。
あっという間に土砂降りが始まります。
時に垂直に、時に横殴りに。
もし外を歩いていたらお手上げ状態です。

そしてしばらくするとウソのように晴れてきます。
これがパターンA。

2時をすぎても雨が降ってこない日もあります。
そういう日は大抵夕方まで持ちこたえます。
普通に洗濯物を取りこんで、夕日が見えるか見えないか・・・そんな時間に急に風が強くなったら
それは雨の兆し。風の向きを見て窓を閉め始めた方が良いでしょう。
あっという間に土砂降りが始まります。
時に雷とともに。
外は真っ暗になり、いきなり夜に突入です。
これがパターンB。

夕方も持ちこたえる日もあります。
そんなに日は雨の事など忘れて、窓を開け風を通していたりします。
食事を終え、DVDに手を伸ばしたころ、なんだか遠くでごろごろと雷の音がなり始めます。
とうとうやってきました。
これは夜のパターン。
稲妻が走り、雷が落ち、雨が降ってきます。
雨の音って夜の方がよく聞こえます。よく降るな~と思いながら、でも夜は少し涼しいかもなんて考えたりします。
この時刻に降り出す場合は、結構長い時間降っている事が多いです。

眠ってしまうのでわかりませんが、きっと明け方まで降る日もあるのでしょう。

なんてもちろんこれ以外のパターンもたくさんあるのですが、バンコクへ来てから空を見る事が多くなりました。
私の部屋からは四方の空を遠くまで見渡す事が出来ます。
東側が晴れていても西の空が真っ暗だったり、遙か向こうから厚い雲がやってくるのが見えたりします。

空を見て天気を感じるって普通の事だけれど、何で今までしていなかったんだろう。
なんだか基本に戻ったような気がします。

スポンサーサイト

テーマ : タイ・バンコク    ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。