2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
  06 ,2010

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  

伊勢丹
日本のニュースでも報道されていたようなので、ご存知の方もいらっしゃるでしょうが
バンコクの伊勢丹が6月24日に再開されました。ああ、長かったわ。

でも伊勢丹が燃え尽きなかったのってほんと奇跡としか思えません。
というのも伊勢丹というのはセントラルワールドという大型ショッピングモールの隣にあります。
隣って言うより続いています。

横浜高島屋とジョイナスとシャルみたいな感じです。(かなりローカルな説明ですね)
それがもっと一列に並んでいて、よりスケールがおおきい感じです。

そしてセントラルワールドをはさんで反対側にあるのがZENでした。
そう、放火され全焼したZENです。

Continue

スポンサーサイト

01

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  

バンコクの近況 とりまとめ
ブログを整理するに当たり、バンコクの近況は一つにまとめました。
数日間にわたって書いた記事をまとめてあります。近況①~⑤まで



バンコクの近況① 2010年5月14日 
大変ご無沙汰しています。
元気にしていますが、ちょっと不自由な生活をしています。
日常生活は送れていますが、ブログに書くような出来事=報告したいと思えるような楽しいことがありません。
ということで、更新が進まないのですが、いずれすべてが終わったときの参考にと
今の現状を書きとめておくことにします。


バンコクに非常事態宣言が出されても、多くの日本人の生活には影響がありませんでした。
もちろん日本の皆さんがご存知のとおり、営業を休止を余儀なくされた地域に伊勢丹があったため、
伊勢丹をはじめサイアムパラゴンなどのショッピングセンターには行くことができなくは成っていました。

けれど、たとえば紀伊国屋書店には行けなくとも、一応ほかの日系の本屋には行くことができるし、
エンポリアムというデパートは占拠された市域から離れていたため、そこで買い物ができれば
まあ、いいだろうという感じでした。

当初はソンクランになれば終わるだろうと楽観的な意見が流れていたのですがなかなか終わりません。

そのうち、だんだんとこれはちょっと長引くのではないかという話が聞こえてきました。
聞こえてきましたというのは本当「~らしい」といううわさ話レベル。
現地のニュースを見てもわからないし、こういうとき字が読めず、言葉もまだわからない国にいると困ります。

そして4月の後半、衝突が始まり、BTSがとまったり、軍隊が出始めたり、緊急事態を実感するようになって来ました。

さて、一時は政府側から解散を含む提案が出され、またそれに合意したというニュースが流れました。
ああ、これでやっと収束に向かうのではと期待したのですが、そううまくはことが運ばびません。


5月12日に、翌13日に日付が変わる深夜より、占拠されている地域の電気水道を止め立ち入りを禁止するという情報が
入りました。強制排除が始まるのではということでした。
ああ、とうとう強制排除かなと思いながらその日は寝たのですが、朝起きてみるとBTSも動いているし、どうやら
電気も止められなかった様子。
報道によると、その地域だけをとめたりすることは技術的に困難なので取りやめたということでした。

長いのでちょっと続きます。




バンコクの近況② 2010年5月15日

5月13日はプートモンコンという祝日です。農耕祭だそう。
朝から、BTSも運行していて、結局何もやらなかったんだなあ~こういうところがタイっぽいなあ、と思って生活していたのですがお昼過ぎになって

午後6時以降、パヤタイ通り、ペブリ通り、ワイヤレス通り、ラマ4世通り及び同通りで囲まれた地域について、
水、電気の供給を停止し、電話回線(含む携帯電話)を遮断し、治安部隊を動員してタクシー及び
バスの出入りを止め、BTS等公共交通機関の駅を閉鎖するとしています。また、
域内の事業所については14日(金)の休業を要請しています。

との発表がありました。
昨日も同様の発表がありつつ、実際には行わなかったのですが昨日の今日ですし、今日はやるんじゃないかと
ちょっと早急に家に帰りました。

そして13日は本当に武力行使を行ったのです。

私はこういったニュースのときあまりタイのテレビや新聞を見ません。
これは見てもわからないからではなく、見たくないからです。
というのもこちらでは血がだらだら出ているけが人とか、死んじゃったんではないか?と思われる
映像や画像が平然と写されているのです。
それはわたしの許容範囲を超えていて、またそれがバーンバーンとこれでもかと写ったりします。

ですから情報収集は基本的にはインターネットの文字のみに頼ります。
夜にはUDD側の人が狙撃されたとのニュースが載っていました。
ああ、明日には鎮圧されているのかなあ、と思いながらひとまず寝ることにしました。



Continue

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。