1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
25
27
29
31
  10 ,2010

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30

Category: 作品

Tags: ---

Comment: 4  

コースターを作ってみる ダブルコイン=双銭結
先日久しぶりにダブルコインノット(双銭結び)をする機会がありました。
私はあまりこういった飾りに使用する結びをしないため、時々やっておかないと手が忘れていたりします。

でもやってみるとまだ忘れていないし、ちょっと物足りない。
折角だからなんか作ってみようかな・・・とおもいコースターを作ってみました。


改良の余地有り


Continue

スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイドの作品たち    ジャンル : 趣味・実用

30

Category: 作品

Tags: ---

Comment: 0  

スネイクノットのネックレス
習った結び方の中で「できるようになってよかった!!」と強く思うものがいくつかあります。

まずは始末の仕方。これができないと、どんなに複雑な作品を作っても終われません。
次がこのスネイクノット。日本名を蛇結びといいます。そのままです。

ヘビロテ?


太めの紐で編むときれいに模様が出ますが、写真の作品のように細い紐で編むとあまり模様は目立ちません。

でもこれで石と石とをつなげれば、どんなネックレスも思いのままです。
天然席売り場で自分の好きな石を選べば、長さも石の間隔も何の制約もなくつないでいくことができます。
結び方は最初ちょっとこつをつかむまで「難しいかも」と思いますが慣れてくれば単純作業の繰り返しなので、DVDを見ながら永遠に結び続ければいいのです。

Continue

テーマ : ハンドメイドの作品たち    ジャンル : 趣味・実用

28

Category: 作品

Tags: ---

Comment: 0  

真珠のように結ぶ
真珠のネックレスをお持ちでしょうか。
真珠は一つ一つ結んでありますよね。あの結び方で作りました。
連々と石が入っているだけとはまた、ひと味違った仕上がりになります。


これも気に入っています。


これは糸が2本通らなければならないので少し苦労しました。
石も重いし、あまり細い糸では強度が足りず、かといって太いと2本は通らないというジレンマ。

穴の大きさは石によっても微妙に違うので一つ一つチェックして、完成しました。
目打ちを使用して結び目を移動させていくのですが、持っていない人は使用しなくても
なんとかなるんじゃないかな?
固く結ぶにはやっぱり必要かな?

正直あまり好きな作業ではありませんでした。

Continue

テーマ : ハンドメイドの作品たち    ジャンル : 趣味・実用

26

Category: 作品

Tags: ---

Comment: 4  

アジアチックなネックレス
いつも、アジア度を押さえたネックレスを作っています!!といっておきながら、
なんなのですが思いっきりコードを編む事を楽しんだネックレスも紹介します。

こちらは紐の色の美しさ、コードの光沢の良さが生きるネックレスです。

思いっきり派手です。


こちらも派手


長めのネックレスなのでかなり低い位置に飾りが来ます。
最初はつけると派手すぎるかな~と思っていたのですが、香港の街では意外と好評でした。

上の金色のものは玉で結んで処理をしてあるので、長さ調節がききます。

Continue

テーマ : ハンドメイドの作品たち    ジャンル : 趣味・実用

26

Category: 作品

Tags: ---

Comment: 2  

日本人から好評のネックレス
まずは、私の作ったものの中で日本人から一番好評をいただいているネックレスを紹介します。
日本人に好評だと、なんとなく安心感が得られて、つける回数も自ずと増えています。

チャイニーズノットを作るとき、意識している事があります。
それは「あまり、アジアチックすぎないように」ということです。
もちろん例外もあって、思いっきりアジアチックなもの、リゾート風な服に合うように作る事もあるのですが
普段使い用に作るものは、あくまでも紐を使用しているだけであって、「中国とかアジアを意識させない程度」
と言い聞かせて作っています。

黒い服の時用

写真が悪い(言い訳ですが)ので、えっ?本当に好評なの?と思われそうなのですが
一応好評なんです・・・・・・。たぶん、きっと。

Continue

テーマ : ハンドメイドの作品たち    ジャンル : 趣味・実用

24

Category: 作品

Tags: ---

Comment: 0  

改めてチャイニーズノット
お久しぶりです。
ここのサイトもずっとずっと放置しっぱなしでもったいないなあと思っていました。

といっても追記する事もできず、色々考えた末今まで写真で載せていなかった自分の作品の写真を
少しずつ整理しながら紹介していこうかなと思っています。


私は上環で「チャイニーズノット」を習いました。
これは「アジアンノット」とか「中国結び」とか呼ばれているもので、紐(コード)を使用して石をつないでいくものです。

金魚やトンボなどを編んだものや、中華系のお守りに飾りが付いているのをご覧になった事がある人も
いるのではないでしょうか。
伝統的なそういった結び方も勉強してみたいとは思いますが、私が習ったのはちょっと違います。

基本的にネックレスなどのアクセサリーに応用できるもののみ
先生がイギリスでアクセサリーの勉強をしてきた香港人だったので、彼女の興味はもっぱら東洋的なアクセサリー技術だったんだと思います。
一通り、アクセサリー作りに必要な技法を教えてくれた後、もう教える事はないわと終了宣言をされてしまいました。

困惑もしましたが、実際彼女の言うとおり数種類の技法さえ覚えてしまえば、自分のアイデア次第で
どうにでもアレンジできるチャイニーズノット。

私もたくさんのアクセサリーを作る事ができるようになりました。

外国人の生徒の中で埋もれるように習っていたのですが、Yちゃん(唯一の日本人)というチャイニーズノット友達も得る事ができました。

ということで、これからよろしくお願いします。

テーマ : ハンドメイドの作品たち    ジャンル : 趣味・実用

11

Category: 曼谷生活情報

Tags: ---

Comment: 0  

kin ce ギンジェ 齋
なんだかタイトルがいろいろな言葉の列挙になってしまいました。
今日のテーマは「ギンジェ(精進料理)」です。

今タイはギンジェ期間に入っています。ベジタリアンとも書かれていて、言葉の通り精進料理を食べる、肉などを食べない期間なんです。
それ以外にもできるだけ禁欲的な生活をするらしいんですが、実際にギンジェを率先してやっているタイ人の知り合いがいないので、ちょっとわかりません。

どうやらタイ人全員がやっているわけではなく、主に中華系の人々だとか。

けれども不思議に思う事もあります。
つい先日まで、タイでは至る処で月餅を売っていました。
これは中国の中秋節がこちらでも文化として入っているってことだと思います。
けれど、中国でも今、精進料理期間だったりするのだろうか。ちょっと疑問。

だいたい、中華系の人がやっているって言っても、タイに住んでいる中華系の人も
いろいろな地方の出身だろうから、もうこれはタイの習慣ってことだと思います。

事実、中華系の人でもやっている人もやっていない人もいて、またやっている人の中にもかなり厳格にやっている人もいれば、折角だからできるだけベジタリアンっている態度の人もいるとの事です。



タイトルにある「齋」という文字がどうやらシンボルのようで、黄色にこの文字が入っている旗が立っているお店は、これに見合う料理を出しています。

それとは別に、食パンとかジンジェ期間に食べる事のできる食品には、ギンジェシールが付いています。
これが付いていれば、食べても平気ってこと。

お買いあげはよもぎ餅。

なんとなく、バターやクリームたっぷりのおやつではなくこっちを買ってみました。
まあズシリと重いあんこが入っているので、ダイエットには不向きだと思います。

テーマ : タイ・バンコク    ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。