1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2012

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19

Category: お出かけ

Tags: ---

Comment: 0  

アンコールワット 3 ankor thom
そして「アンコールトム Angkor Thom」アンコールトムはアンコールワットより広くて壮大でした。

120419-1.jpg


今のカンボジアはほとんどが仏教徒だそうです。ただ仏教が入ってくる前はヒンドゥー教だったとのこと。
ガイドブックを見るとヒンドゥーとして建てられたものがあとから仏教の寺院に改築されているとかかれていたり、仏教寺院だけれどヒンドゥーのお話が彫られていたりするところがあるようです。


120419-2.jpg


120419-4.jpg


今回紹介しなかった遺跡もいくつか回りました。
写真でみるとどこも似たような印象になってしまって、これを見ている人もみんなおんなじじゃんって思うかもしれません。

けれどここで紹介したところは、ほとんど遺跡の知識がなく、典型的な一般人の私でも印象に残っているもの。
まだ訪れたことのない友人に聞かれたら、行っておいた方がいいよって声をかけたくなった場所です。

------------------------------------------------------

シェムリアップからカンボジアに入り、遺跡をめぐってカンボジアを出てしまったので首都のプノンペンなどの都会にはいきませんでした。
片やタイで行った遺跡はアユタヤやチェンマイなど今でも地方都市として認知されている場所。
だから正確に比べることはできないけれど、タイとカンボジアはぜんぜん違いました。

小さな飛行機でシェムリアップに着陸するまで、窓から下を見ていたのですが見渡す限り森林。ところどころ池があり川が流れているだけでジャングルが広がっていました。

遺跡から遺跡へバスで移動する間にみえる民家は、ほとんどが木造の高床式の小さな家。わらぶきのような家もあります。
水道はなく井戸水で生活をし電線もありません。家の前には農作業で活躍する牛が2,3頭と鶏がいる。
そんな景色が延々と続いています。

実はこのツアーの最初の場所はキリングフィールド。
映画「the killing field」をご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私は題名を聞いたことしかなく、キリングがkillngだということも今回行く前に文字で見て始めて知ったくらいでした。

旅行に行く前に軽くカンボジアについて読んで入ったのですが、そこに展示してある人骨や写真はカンボジアの中で内戦がまだ数十年前のつい最近終わったばかりの出来事であることを伝えています。
ツアーのガイドの人が堪能な日本語で子と細かく話す話はとても重かったです。

最後に、4月のカンボジアはほんとに暑かったです。タイから行った私たちもヘロヘロ。
日本から行く方はお気をつけください。

120419-3.jpg

スポンサーサイト

テーマ : カンボジア    ジャンル : 海外情報

18

Category: お出かけ

Tags: ---

Comment: 0  

アンコールワット 2 Ankor temples
前回紹介したタプロームと同じくらい気に入ったのが「ベンメリア Beng Mealea」です。

120418-9.jpg


ここは最近地雷除去が終わったばかりで修復や樹木の伐採が行われていないと説明されました。

実際、そんな感じ。鬱蒼としたなかに遺跡があります。
どちらかというと、こういった探検気分が味わえる方が楽しい。積み重なった石の上を歩いているとなんかわくわくしてきます。

120418-10.jpg


120418-11.jpg



テーマ : カンボジア    ジャンル : 海外情報

18

Category: お出かけ

Tags: ---

Comment: 0  

アンコールワット 2012春
2012年のソンクランがやってきました。昨年のソンクランはチェンマイで水かけに参戦しました。
今年はカンボジアのアンコールワットに行ってきました。

アンコールワットは友人たちから行っておくべきと言われていた場所です。
「良かった。」という意見もありましたが、「以前は入れたところが危険という理由で入れなくなってきている。」という話を聞いてそれは今のうちに行っておかなければ!!と思い今年の行き先と決定しました。


今回は完全なツアーに入っての観光です。日程表を見たときからこれはいつものペースではいられないかも・・と覚悟はしていましたが、実際かなりハードでした。

スワンナプーム空港からシェムリアップ空港まで一時間。プーケットより近いかもってくらいあっという間でした。

タラップをおりて直接歩いてイミグレに入ると、ビザを申請して入国です。
さあ、カンボジアだわって足を踏み入れようとしたその瞬間、目の前の歓迎の人々の多さにびっくり!!

みんな赤い服を着ています。タイの赤服の人たちでした。
どうやら同日、タクシンが専用機でシェムリアップを訪問して政治家と会うとかで、タイ国境からやってきたタクシン支持者が赤い旗を持って歓迎の準備中だったのです。

報道を見るとお正月ということもあって、1万人が入国しているとか。
このときはあらびっくりくらいにしか思わなかったのですが、今後ずっとこのタクシン派の人たちと遭遇し続けることになります。

圧巻


きれいな写真って難しいね。

120418-2.jpg



これは奇跡的に写せた写真。何が奇跡的って、次の写真を見てください。

Continue

テーマ : カンボジア    ジャンル : 海外情報

03

Category: 曼谷生活情報

Tags: ---

Comment: 4  

IKEA bangkok
IKEAに行ってきました。
IKEAがバンコクにできたのは昨年の終わり頃。11月だそうです。
でもその当時、バンコクは洪水騒ぎでした。
私も日本に避難帰国していて、戻ってきたのが11月の下旬。
それどころじゃなかったので、行ってなかったんですよね。

知り合いの方が行ってきたという話は聞いていたのですが、IKEAはちょっと郊外にあってなかなか重い腰が上がりませんでした。
そんな日本人が多いのか、先日のフリーペーパーWOMで特集が組まれていたのを見て
じゃあ一回くらい行ってみてもいいかなあって思ったのです。

今回はBTSとシャトルバスで挑戦してみました。
BTSはてっきりバンナーでおりるのかと思っていたら、ちがってウドムスクって駅でした。
ウドムスクって、タイ語っぽくない名前だと思いません?

駅からシャトルバスっていうからローターリーとかがあるのかなあ、あるわけないかなあ?
なくてもIKEAバス乗り場みたいなのがあるのかなあって思ったら何もありませんでした。

駅をおりてスクンビットをきょろきょろしていたら路線バスのようにIKEAバスが来たのでのりました。
タイミングが良かったからラッキーでしたが、30分に一本のこのバスを逃したら炎天下でひたすら立ってバスを待つしかないのでしょうか。

それと乗車時間ですが・・・・・・・

WOMには5分から10分って書いてありましたが、行きも帰りも30分くらいかかりました。
別に渋滞していたわけではないのに。
どうやらゆっくり走っているようで、右からどんどん抜かされます。
だからファミリーカーの運転手ならもっと速いと思います。が、5分は絶対に無理な距離だと思います。

まあ、着いたので中に入りましょ。

Continue

テーマ : タイ・バンコク    ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。