1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

色の話
一年ほど前に広東語を習い始め、半年で休止したままのjoonaです。
今日はここでまず業務連絡。

最近また広東語を再開したいのですが、この時期は「初級コース」の開講ばかりで受け入れてもらえません。
マンダリンクラスのほうが人気があるため、生徒が開講人数まで集まらないのだと推測します。

こういったときこそ各学校の対応の違いが如実に現れます。
希望のコースを告げたとたん音信不通になったり、プライベートレッスンばかり進めてきたり、丁寧に状況を説明してきたり、様々です。

ムッとする事もありますが気にしていては疲れるので、さっさと気持ちを切り替えるように心がけています。
さて、という事で広東語学校浪人中のため、何か情報をお持ちの方がいらっしゃいましたらぜひご一報ください。
この際、以前は固辞していた家庭教師まで視野に入れてみようかなと考えています。

さて、以前通っていたクラスで「自分の国と香港の違いはなんですか」という質問をされた事があります。

こういう質問って、早い者勝ちなんですよね。
本気で議論するつもりもないし、でもできれば話が膨らむほうがいい。
人と同じことを言うわけにもいきません。

当時のクラスメイトはたしか、ニュージーランド人とイギリス人とアメリカ人。
皆さん中華系ではなくいわゆるヨーロッパ系の方たち。
地理的にも文化的にも離れている彼らにとってこの質問はとても答えやすいもののようで次々に発言していきました。

天気が違う。香港は蒸し暑い。
便利さが違う。車がなくても生活できるのはすばらしい。徒歩圏内にすべてがある。
空気が違う。香港では屋外でスポーツしたくない。病気になる。
料理が違う。美味しいけれどカロリーも脂も多すぎる。
などなど。

香港と日本だって天気も便利さも空気も料理も違います。
でも彼らにとっては香港も日本も韓国もさほど違いはないくらいの認識だったりします。joonaがどんな発言をするか、すでに発言が終わった余裕の顔で見つめています。

やだ、どうしよう・・・。


こんなとき、気の効いた事のひとつでもいえるようになりたいのですがなかなかそうもいきません。

さて、数秒悩んでjoonaが言ったのは「色が違う」ってことです。
なんかいきなり抽象的だったし、わかり難かったのかいまひとつ盛り上がらず、次の話題に移ってしまいました。ごめんなさい。

が、これって前々からずっと感じていた事だったのです。
色の選択も、その色自身も微妙に違う。
文化的な建物などの大それた話ではなく、もっと身近な洋服・装飾などの色使い、絶対違う。お料理でさえも全然違う。と思っているんです。

香港に来て最初の頃、電車に乗る度に黒い服を着ている人が多いなあって感じてました。
男性も黒のスーツや黒のジャンバーなどを好んできている気がします。
女性も上下のどちらかが黒って人がやたら多い。日本にいるときは、茶・ベージュ系のほうが多かった気がします。

あと、さし色に緑、黄緑が入った服装の方も多くないですか。日本人があまり選ばない色。ピンクにしても赤にしても微妙に違います。
どちらかというと全体としての印象が「ふわっ」より「パリっ」なんだと思っているんですけれど、この感じわかります?
こういうのってなんとなく思うことでしっかり調査したりする事ではないのであくまで感覚なんですが。

日本に比べて香港はそれぞれ好きなカッコをしています。やはりたくさんの人種がいるのが一番の要因ですが、香港人も幅広い服装の人がいます。いろいろな人がいろいろなカッコをしているのは見ていて楽しいです。
そうして、ああ、着たい服を着たいように着るのっていいかもねって思えてきたりします。人の目なんて気にしないしね。
バレエに行くならレオタード着たまま電車乗っちゃうくらい。(さすがに子供だけ)

そうそう、今日はひざ下までの黒いブーツをはいている人を二人も見かけました。絶対まだ暑いと思う。いくらなんでも。
でもいいの。履きたいんだもん。

だから私も、暑くてもがんばってねってエールを送っておきました。

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

Comments

色に対する感覚が違う・・・ということでしょうか。
色彩感覚の違い。

私は香港に限らず中華文化全体が、
とても「直接的な刺激」を好むと思ってます。
例えば、目に激しく訴えかける色、
耳に激しく訴えかける音(うるせーよ!)。
いろいろなものが「とんがって」る気がします。
五感に直球勝負!みたいな感じ。
日本人が○なら、香港人は△かな。
とっても前衛的・・・なイメージ。

韓国人も、○ではなく□。
角ばったイメージがあります。
色の違い、わかります。
はっきりした色を好みますよね~。
日本人はどちらかと言うとうん、ふんわり!!

メイクにも違いがありますよ~。
香港でメイクがうまいなって人見たことがありません。
きっと日本人好みじゃないからかもしれないけど
塗っている人は色が濃すぎる~。(笑)
bonbonさんへ
そうですね。感覚が違うってことになりますね。bonbonさんの例え、○はわかりますが□と△の違いは微妙。三角のほうがとんがっているのでしょうか。

私の中では、つばの広いサンバイザーをしてバーバリーの服を着ているのが韓国人です。
口紅が濃くてパーマをかけている確率が高いです。あくまでイメージですが。
みのさんへ
日系の本屋に行くと香港人の若い子が日本の雑誌(香港版ではなくて本当に日本で出版されているもの)を買っているのをよく見かけます。たぶんファッション・メイクを見たいのだと思いますが、完全に真似るってわけでもないのでしょうね。
明らかに攻撃的メイクが主流ですね。

「見られたい像」が違うのかもしれませんね。

かといって「愛されメイク」とかいっているのもちょっとやだけれど。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。