1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18

Category: 香港生活情報

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

私の要望 その①
今日は誰かに強く訴えるほどの事ではないけれど、いつも思っていることを書きます。

掃除機:

香港で初めて買った掃除機は安物でした。香港に来てたくさん電化製品を買わなくてはならなくて、まだ香港ドルの感覚が備わっていなかったので、当初ほしいものを買っていたのですが、だんだん不安になって掃除機なんてどれでもいいわと一番安いものを選んでしまったのです。これ大失敗。紙パック式でなかったので、ごみのたまる袋を何度も利用するんです。
みなさんはグラスなどを割ったとき掃除機で吸ったりしませんか?
紙パックなら手を怪我することなく捨ててしまえばいいのですが、この掃除機では中だけ捨てる方式なのでそんな危険なまねは出来ません。

結局、帰国される方に掃除機を譲っていただく事にしました。日本製ではありません。
さて、この2台の掃除機共にとても使い勝手が悪いんです。もらっておいて失礼なのですが・・・。

なぜって、電源スイッチが本体についているんです。
日本で使っていた掃除機はノズル側(自分でつかんでいるところ)にスイッチがありました。ついでにそこにいくつか切り替えスイッチもありました。
まあ、絨毯だの床だの細かい切り替えがなくても一向に構わないのですが、電源スイッチが本体にあるのって結構面倒くさい。
廊下などを曲がりながら掃除機をかけるでしょう。本体はコーナーを曲がった先にあるんです。いちいち戻って電源を切らなくてはなりません。
ホント小さな事ですが、なんだかちょっと気に入らない。あと一歩満足に届かない。そしてそれがとっても重要なんだと思います。

ケチャップ:

デルモンテケチャップを日本でも使っていました。
香港でも使っています。
でも、瓶が主流ですよね。これって重いし、減ってくるととっても使いにくい。どうしてプラスチックにしないのかしら。とおもったらプラスチックのデルモンテもありました。
でも、微妙に材質が違う。日本のものよりちょっと固い。
減ってくるとやっぱり押し出しにくい。
まあ、落として割れる心配がないだけいいですが。
同じブランドだけにちょっと残念です。

キッチンシシンク:

私のキッチン、意外と広い。
シンクは二つあります。と言ったら日本にいる皆さんはすごーいって思うかも?しれません。
でも、そのシンクとっても小さいの。B4サイズくらい?それが並んでいる。
これじゃあ大きなお鍋が洗えない。香港人の方中華なべとか持ってないんですか?
思い切って真ん中ぶち抜きません?
それで、たらいなり、かごなりを使用して、好きに区切ったらよろしいのに・・。

各部屋のドア:

全部うち開きです。確かに狭い廊下に外開きのドアは邪魔かもしれません。家族が多い場合は歩いていたらいきなりドアを開けられて危険です。ですから納得はしているのですが、たいていのフラットって結構各部屋が狭いのです。収納もない。
だから棚とか工夫して物を置くようになります。
すると、できるだけ有効的に空間を使いたくなるのが人情でしょう?
でも内開きだとどうしてもデットゾーンが出来ます。また扉が意外と大きかったりする。
もう思い切って、引き戸にしませんか?
各部屋すべて引き戸。
スッゴイ便利になりますよ。箪笥だって机だってぎりぎりまでおいてOK。入り口でもし人が倒れていても引き戸だったら開けられます。
高齢化の進む香港。引き戸の普及を願います。

窓:

香港ではよく窓が落ちたと言う話を聞きます。
そして窓を点検しろって言われます。50階60階のマンションがたくさんあるんですからとっても危険です。
もちろん老朽化が原因なのでしょうがやはり窓が外開きなのがいけないのではないでしょうか。
もち内開きなら落ちるとしたら内側ですから、まあせいぜい1m落ちるくらいです。でも、窓が内開きだと先ほどのドア同様、家具が置けないし邪魔ですよね。
これもやっぱり、日本みたいに引く方式にするのがいいと思っています。新築のマンションでも外開きだったりする。どうしてかな?


エレベーター:

香港のフラットのエレベーター乗り場には下がるボタンしかないところがあります。(もちろんグランドフロアーは除く)
最初見たとき驚きました。
香港人の人に聞いたら「別に必要ないでしょう。出かける時にエレベーターを使うのだから下に下りるしかないではないですか」と言われてびっくりしました。
まあ、確かにそうですが私の感覚だと、友人宅を訪問するときに上に行くことってあるような・・・。
まあ、そんなときはいったん下がってから上がればいいそうです。

今までそんなエレベーターがあること自体、想像していませんでしたから私にとっては衝撃的な事実でした。

値札:

いきなり小さなことに戻りますが、ボールペン等についている値札取れないんですけれど。
値札なんて取るのが前提なのだから取れやすくしていてほしいのですが、中には紙の値札の上からグルグルセロハンテープを貼り付けているものあります。
値札のついたものをそのまま使うのってとってもいやですが、最近は取るのをあきらめて値札付きで使っているものたくさんあります。
冷静になってみるとちょっと恥ずかしい。


と、思いつくままに書いてみましたが結構出てきましたね。
もっと真剣に考えたら出てきそうです。
ということで一応タイトルも「その①」にしておいたのです。

ちょっと、肝心な事忘れてるよ!ということがあったらぜひお知らせください。

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

Comments

掃除機: サービスアパート暮らしなので香港では掃除機を買ったことはありませんが、売り場を見ると小さいのがいっぱいあっていいな~と思ってます。
欧州では馬鹿でかいのが主流で、小さいのはほとんどありません。広々した間取りなので邪魔にはならないけれど、重くって・・・。
で、スイッチは本体についています。足で操作するため。私がものぐさなのではなく、これが正しい使い方。足で簡単に押せるように、スイッチはかなり大きいです。コード巻き取りボタンも、同じく足で押せるように大きいです。
掃除機の構造は詳しく知りませんが、スイッチを手元に持ってくるのと、本体で済ますのでは、きっと後者の方が単純なつくりですむのでしょうね。

ケチャップ: マヨネーズもそうですよね。でも実は、私がいろいろな国のスーパーを観察した限り、あのプラスチック容器は日本だけでした。韓国は分かりませんが。ごく最近、日本のとはちょっと形が違うけれども、プラスチックに入ったものが出てきた感じです。
あのプラスチック容器は、実はリサイクルがすごく難しいらしいですね。種類の違う素材が5層くらい重なって、あの容器になっているそうで、リサイクルするにはそれを一つ一つ剥がしてばらばらにしないといけないと、テレビで見ました。よってコストがかかる。
それに比べると、瓶はリサイクルがより簡単です。
予想ですが、あのプラスチック容器が開発されたあとも、それまでの長い間瓶で用が足りていたことや、使用後の処理の問題などもあって、外国では瓶が主流なのではないでしょうか。

シンク: 二つあるのは便利と言えば便利ですけれど、多分あまり使う人のことが考えられていないのでしょう。家事・炊事はアマさんがやる家が多いでしょうから。
欧州ではシンクは二つが多いですが、香港もその影響かしら?

ドア: これも、外開きの日本は世界的に見ると少数派だそうです。日本は家が狭いので、外に開くドアが主流だそうです。香港も狭いですが、長い間英国領でしたしね。

窓: これにはびっくりですよね。上から窓が落ちてくるなんて、考えもしないもの。それでも、まどからテレビとか捨てる人がいなくなっただけでもまだいいのかも・・・。(笑

エレベーター: 偶数階用、奇数階用もありますよね。うちは、下層階用、上層階用があって、やっぱり一番下まで一度行かないと行かれない階があります。(途中で非常階段でも利用すれば解決しますが、それも面倒)

値札: あるある!剥がされて万引きされるの防止とか?執念で剥がしてます。
私が気になるのは電話です。
香港は基本料のみで市内通話無料ですから、香港人、やたらと電話をかけまくっています。
そのためか、間違い電話の多い事。
昼間ならまだしも、寝ている最中に携帯電話が鳴るのは勘弁して欲しいな。。。
 
ありゃ? これは話題とはちょっと違ったかな?
掃除機: うちも同じタイプで紙パックではありません。買ってから気付きました。こまめに洗わないとカビみたいなのが生えていませんでしたか?キャー!

ケチャップ: そうそう、最後の方使いにくいですよね。(笑)

キッチンシシンク:私もシング小さいなーと思っていました。日本のって広々ですよね。ちなみにオーストラリアでも2個に分かれているところも結構あります。最近のアパートじゃアルミの蓋もあるんですよ。スポンジ直して閉めちゃうと生活感なしになります。

各部屋のドア: そう言われれば、内開きですねー。オーストラリアの家も内開きが多いのであまり気にしていませんでした。確かに引き戸の方がドアのない分デットスペース減りますよね。

窓: 今だから言えますけど私、窓落としました。築3年のアパートだったのですが最近のアパートは素材が安いものを使っているところが多く、落下事故が多いと修理のおっちゃんに言われました。全部確認してもらったら、8個中5個が取れかけで「修理が終わるまで窓開けないでね」って言われました。。。

エレベーター:これもオーストラリアでも多いので気にしていませんでした。カードキーのある家もあって他の階に行けないようになっているアパートも多いですよね。

私も目一杯答えてみましたー!
bonbonさんへ
欧州は部屋が広いから、掃除機小回りの効く必要がないのでしょうね。ケチャップ・ドア・そしてエレベーターですら私にとっては当然だと思い込んでいたことが、世界基準から見ると少数派だとは目から鱗です。うーん、勉強になりました。でも、日本方式のほうが便利じゃない?という思いはぬぐえません。贔屓目なのかな~
flexiblefishさんへ
電話代、どうして市内通話タダなのでしょうか。今日たまたま日本のニュースで携帯電話本体を0円で売っている代わりに、そのコストが携帯電話の料金に上乗せされているという話をしていました。
私もほとんど固定電話で話さないので、元が取れていない気がします。
基本料金を低く抑えて、実費を払いたいなあとflexiblefishさんのコメントを見て思いました。
みのさんへ
え~窓落としたんですか?びっくりしたでしょう?頭真っ白になりませんでしたか?
何階に住んでいらしたのか存じませんが、築3年だったら、用心なんてしませんよね。怖すぎる・・・。オーストラリアもエレベーター香港みたいなんですか。びっくり。
うーん。私もいろいろな国に住む必要がありそうです。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。