1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

こんにちは赤ちゃん
赤ちゃんを抱っこしてきました。うーん赤ちゃんのにおいがしました。

「こんにちは~あかちゃん。私は・・ママの友達よ~」って感じでしょうか。

香港に住んでいるといろいろな人種の赤ちゃんに遭遇します。
絵に描かれている天使のような欧米系赤ちゃん。真っ白です。
顔の半分くらいありそうな大きな目をしたインド系赤ちゃん。見つめられるとドキッとします。

みんなかわいらしいのですけれど、個人的には東アジア系の平べったい顔をした赤ちゃんが大好きです。
見慣れているからかしら・・・。

日本人と香港人はちょっと顔つきが違いますが、一歳未満の赤ちゃんは結構似ています。
まだ髪の毛も生えたままだし(香港人の好みにカットされていない)鼻も高くなっていないからでしょうか。
言葉もしゃべりませんしね。

私は笑った顔も好きですが、平べったい赤ちゃんが泣きそうな、泣く寸前の引きつった感じの表情がかわいらしくて大好きです。
その子の母親にとっては「ちょっと泣かせないでよ!」って思うでしょうが。
ちょっとマニアック?

香港に来て驚いた事のひとつに、生まれたての赤ちゃんを夜遅くまで連れまわしている人が多い事があげられます。
まだ、1・2ヶ月くらいじゃないの(横向きに抱っこされている)と思われる赤ちゃんが夜のお食事に同席しているのを何度も見かけました。

ショッピングモールを赤ちゃんを抱っこしながら闊歩している夫婦なども見かけます。
日本だったら通りすがりのおばあさんなどにお小言を言われそうです。

けれど、香港では特に振り返る人もいませんし、というよりその子のおばあさん本人も同席しているくらいですから、別に日常の事なのでしょう。

私が抱っこした赤ちゃんは香港人夫婦の赤ちゃんなのですが、赤ちゃんが生まれるまでママ(プレママ?)は結構制約がある生活を送っていたようです。
日本では妊婦の体重管理が厳しいらしく、私のいとこなど病院に検診に行く数日前からダイエットしていたくらいですが、香港人ママへの制約はちょっと違うタイプのものです。

風習、迷信(失礼)系とでもいいましょうか。
「妊婦、~するべからず」というものです。
私が聞いたものは食べ物関係ばかりでしたが、妊婦が食べてはいけないものが結構あるらしく、それを律儀に守るのが大変そうでした。

彼女の場合、やはり体重管理も大変だったようで油っぽいものはもちろん避けていたようです。
けれどそれに加えて、体を冷やすものは厳禁とのことでした。
それが「アイス、サラダ」等のわかりやすいものではなく日本人の私からしたら何度言われても覚えられないような普通の野菜だったりします。
果物でもOKなものとそうでないものがあるそうです。
その区別がつかない私は、お食事で同席すると遠慮しているのか、避けているのかがわからず戸惑ってしまいました。

そんな彼女も出産後は制約に解放されて、思いっきり食べる事ができるようです。
母乳の出が悪いらしくミルクに切り替えたとの事。
そしてミルクは日本製だそうです。

先日「森永・雪印・明治のなかで一番いいものはどれか教えてほしい」といわれてそこまで企業名を知っている事に驚きました。
自分が食べるものはともかく赤ちゃんのものは安全第一なのでしょうか。

日本では安全神話が崩れるようなニュースがありますが、どうか香港ママの期待を裏切らないよう、がんばってほしいものです。

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

Comments

ニュースで見ましたが、大陸から香港へ日本製の粉ミルクを大量に購入する方が多いそうです。香港の旅行会社でも日本製の粉ミルクを置いている所があるそうです。

日本の粉ミルクは安全だというのが理由だそうです。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。