1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  

吹き替えやカバー
私は日本人なので日本語の音に敏感です。
電車の中や駅の構内、ショッピングセンターなどでどんなに遠くから
「やだ~」なんて声が聞こえてきたも、すぐに反応しそうになります。

もっというと、何か物を落としたときの「あっ」っというちょっとした声すら
日本人かどうかわかります。「a」の音がすでに日本語になっている感じです。
ですから日本のドラマの吹き替え物をみるとちょっとギョットすることがあります。

まあ、日本のドラマを広東語で見るってことはあまりないのですが、チャンネルを代えた時にみかけて思わず見入ってしまうことがあります。


香港に来てすぐの頃、冬のソナタを広東語で見て、「ヨン様が・・・ちょっと乱暴者?」って思いました。個人的な意見ですが、吹き替え時に当人の声に似ているかどうかとかあまり気にしてないですよね。

アニメーションのほうがよっぽどいい感じに仕上がっていると思います。
あれは声が命だからピッタリの人を探すんでしょうか。
以前マレーシアで日本のアニメを見たとき、どのキャラもピッタリで面白かったです。

さて、吹き替えよりもちがうなあって思うのは歌のカバーです。
これはもう原曲の歌手の声とか歌唱力とかは全く関係ないのですから、
仕上がりが全然違います。

もちろん英語⇔日本語だって違うけれど。




言語が替わった時点で、雰囲気がガラッと替わるのもさることながら
現地での売れっ子?がカバーしたりするのですか歌い方など全然違ってきますね。
歌い方の流行なども違うし。

私は今までに聞いた中で思ったことは、
日本語と韓国語の音はおとなしい感じがちょっと似ている。
平井堅って歌がうまい。中国語でカバーしている人より聞く気が起こる。
韓国のイジョンヒョンって女の子の歌を広東語で歌っているのを聞いたら、同じ曲とは
思えないくらい違った。
キロロの曲を中国語でカバーしているのは結構いいかんじってとこです。

知っている曲を学びたい言語で歌うって、言語習得にいいらしいです。
やっていませんが。
そういえば学生の頃、洋楽が好きな子って英語も得意だったりしました。
でもやっぱり、日本語の歌のほうが好き。
どうしても広東語の曲、耳に入ってきません。

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。