1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23

Category: 香港生活情報

Tags: ---

Comment: 0  

読めないの
香港ではよく小切手を切ります。
電話代、ガス代から語学学校の授業料、旅行代金等、なんでも支払う事ができます。

私が小切手を書く日が来るなんて、日本にいた頃には想像もしていませんでした。
とはいえ、イメージするのはエレガントに小切手帳を取り出して、さささと高額をサインする姿なのですが、実際にはかなりの小額を間違わないように気を使いながら書いているので、
やっぱり違います。

小切手で支払うのはいいのですが、小切手を郵送するという行為はどうしても
好きになれません。
だって、郵便で送るのですよ。なんだか心もとないではないですか。
どこかに行ってしまったり、受け取ってないと言い張られたらどうすればいいのでしょう。
取引が成立しているのかしていないのか、はっきりしなくてイヤなのです。
だいたいインターネットでお金を移動させることができる世の中で、小切手を郵便で送るって言うのはなんだかなあ~と感じています。

だったらよっぽどATMで振込みをしたほうが安心です。
もちろん香港でもATMで振り込むことができます。
が、なぜかそのレシートをfaxで送ってくれと要求される事があって、それはそれでなんだかな~と思っています。(不満が多い?)

さて、私の場合小切手には英語表記で金額を記入します。
いつもつづりが間違っていたら恥ずかしいなあと思い、緊張しながら書いています。
支払いを小切手でするということは、同じくらい小切手にて支払いを受ける事もあるということです。
諸経費の清算、保険の支払い、オーナーとの立替分等を小切手で渡されます。
たいていは私同様金額が英語表記のものを渡されるのですが、一度旧漢字での小切手を受け取ったことがあります。

旧漢字、皆さんは読めますか?

日本人だもの、任せてよって思いますが私は読めないものもありました。
一体いくらなんじゃ~

ってことでお勉強します。
まずは軽く、「拾佰仟萬」。
このあたりは読めますね。10,100,1000,10000です。

「壹貳参とんで伍」もまあ、いけるかな。1,2,3、5ですね。でもすでに日本で使う漢字と微妙に違います。日本だったら1=壱2=弐ですよね。

あとの数字はわかりませんでした。
「肆、陸、柒、捌、玖」4、6、7,8,9だそうです。

手書き入力ですでにヘトヘトです。
これ並んでいたら読めるかもしれませんが、順番入れ替わっていたら
もう何がなんだかわかりません。
まして、手書きだった日にはお経のようです。

けれどちょっと書いていたらかけるようになる気もします。
SEVEN HUNDRED FIFTY ONRYって書くより、柒佰伍拾圓正って書いたほうが
いい?そんな事ないか?

なんだかちょっと試して見たい気もします。

テーマ : 海外生活    ジャンル : 海外情報

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。