1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

香港のごみ出し
香港は外国の中では日本に近い部類に入るけれど、住んでみてわかるたくさんの違いがあります。文化、生活習慣が違うとマナーやルールなども違ってきます。
基本的には「郷に入れば郷に従え」だけれど、日本人として超えてはいけない一線というものも大切にしなければとも思っていました。

けれど先日、日本のテレビでごみ出しのマナーが悪くなっているというテーマの放送をみました。それを見ていて「ああ、そうだったそうだった!ごみ出しは日本スタイルにもどりたくないなあ」とどっぷり香港式に染まっている事に気づかされました。

なんでも、ごみだしのルールが守られていないだけではなく自分の自治体ではないところに捨ててしまう!けしからん!という番組。

みていながら「そうだねえ、いけないねえ。でも・・・」という気分になりました。
香港ごみ捨ては基本的に分別なし。各階ごとにあるごみ置き場にいつでも出す事ができます。だから私は一日に何回もごみを出しにいきます。最初のころは「せめて電池くらい別にしたら?」と感じていましたがグラスでも本でも布団でも電器でもOK。家具ですら出ているときがあります。もちろんタダ。不動産屋さんに「あまりに大物を出すときは・・」といわれたのでどんな手続きが?ときいたら「作業している人にちょっとチップをあげると喜ぶよ」といわれました。それだけです。

日本にいたとき、私の住んでいたところは分別が厳しく一覧表を確認しながら材質ごとに分解するように分けたものです。、燃えるごみも祝日があたってしまったりすると4.5日家で保管しなくてはならない事もしばしば。おまけに夜間の搬出は禁止。
大きなものは有料。それも予約制。でもいつも予約がいっぱいで数週間の待ちは当たり前でした。

番組の中では日本人のマナーが悪いって言う話だったのですが、「わかっているけれどできることには限界があるよねえ」というのが私の感想。
香港の環境とかごみ処理のことを考えると、それはそれでこのままではいけないだろうと思うのだけれど。
それと同時に「日本人としての~」なんて言っておきながら、結局私は楽な方へ楽な方へと流れてしまっているんだなあとしみじみ思ったのです。

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。