1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07

Category: 香港生活情報

Tags: ---

Comment: 2  

好きな におい
最近では、アロマという言葉を良く耳にします。雑誌とか店頭でもみかけます。
お香やアロマキャンドルなどの専門のお店などもありますね。

香りによって効能も違うと言うことで、その人にあった香りをブレンドしてくれるお店というのも
読んだことがあるような・・・気がします。
実は私はこの分野、本当に疎い。
いいかおりだな・・と思ってそれで終わってしまうことが多くて知識として蓄積されません。

もともとあまり強い香りは得意ではないのです。

けれど私にも好きな「におい」というものがあります。

それは「dettol」や「walch」のにおい。
あ~いいにおい!!
dettol      walch


お洗濯の消毒として使っています。

もちろん、香港に来るまで使ったことありませんでした。
棚にあるのを眺めつづけて一年くらい経ってから、ある日思い切って購入しました。

日本の漂白剤の塩素っぽい臭いとは違ってかなり薬品ぽいにおい。
重い臭いです。(液体自体はぱしゃぱしゃなんですけれど)
原液はかなり強烈ですが、洗濯物にのこるにおいはそれほど強くありません。

こちらの二品はもちろん微妙ににおいが違いますが、私にとっては共に合格。
においというよりかおりです。


裏面をみると床の消毒にも、トイレ・バス掃除にも使えると書いてあります。
わたしもそのように使用しています。
dettolにいたっては傷口の消毒にも使えます。
が、こちらの用途としては使ったことはありません。
なんとなくこちらには無臭のものを使用したいので。

もちろん個性的な香りなので、好き嫌いがはっきりと分かれるとは思います。
が、私にとってはいいかおりなのです。


もし、以前の私のように棚にあるのをずーと眺めながら気になっている方がいらっしゃったら
一度試してみるのも良いかもしれませんよ。

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

Comments

他人には理解されないけれど好きな匂いってありますよね。
私は誰がなんと言おうとシップの匂いがだーい好き!
サロンパスじゃダメなんです。シップじゃないと。
シップの香りの香水がほしいくらいですよ。
bonbonさんへ
あの、ちょっと甘みのあるハッカ系の香りですよね。
私も好きですよ。

シップの裏のだるだるした白いところ、爪でつまんで取ったりします。
結局、捨てるんですけれど。

あっ、変態じゃないです。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。