1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  03 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09

Category: 香港生活情報

Tags: ---

Comment: 0  

貧血 と 保険
私は体が弱め。
と書くと病弱なのかと思われるかもしれませんがそんなことはありません。
充分、健康です。

ただちょっと人より、お腹が弱くて体力がないだけ。
気力がないとも言いますが。

だから「私は弱め」と自分に言い聞かせて、いつも無理はしない、自分に甘い生活をしています。
これが体力がつかない原因だとも分析しています。

さて、そんなおふざけはほどほどにして、今日は私の通院の話とひとつの注意点を
書こうと思います。

ある日、私は貧血になりました。
といっても重症ではなく、ちょっと貧血気味程度。
お医者さんは数値的に、貧血ですが問題ありません。とおっしゃいます。

けれどその後、たまたま採血が続いてそのたびに貧血ですと言われるとさすがに
ちょっと不安になります。
たとえ自覚症状がまったくなくても。

ということで治療をすることになりました。
ちなみにこれは一年以上前の話。すでに終わったことです。念のため。


私の場合は鉄が欠乏気味でした。
そういった場合の治療法ってなんだか知ってますか?

鉄剤を服用し続けるのです。いわゆるサプリメントっていうんでしょうか。
そして一ヵ月後、採血します。
でもこれってたとえ正常値をマークしても、上げ底って言うか本当に自分の貧血が治ったって言えないですよね。
先生もおっしゃいます。
「飲むのをやめたらまただんだん数値は下がります。」って。

そしてまた錠剤が出されます。
その繰り返しが数回。
長いこと鉄剤を服用して、体に鉄をためる必要があるそうです。

ところで香港で通院されるとき「保険」を使っている方がいると思います。
私もその一人。
けれど保険ってなんにでも適応されるわけではありません。
以前歯医者に行く際に、大騒ぎしたのも保険が効かないから。
その方の入っている保険会社や種類により、違いがあるのでしょうが
私の場合ひとつの治療を始めて180日以降の治療という条文があります。
それ以降は、保険が効かないの!!

カレンダーに丸をしながら、通院計画を立てました。

あと一ヶ月で半年という治療の日に、思い切って先生に聞きました。
私は次回どうなるのでしょう?と。
すると次はもう保険は効きません。との答えが返ってきました。
そこで続けて
「いつも出される錠剤は、街で売っている鉄剤と同じですよね?
あれで代用できますよね?なんていうのがいいでしょうか?」と畳み掛けるように聞きました。
だって、これってとっても大事なところ。

ところが先生ははっきりとは答えてくれないのです。
「私は市販のサプリメントの銘柄名をあげることはできませんね~」っ対応です。

結局、「あの・・・少し様子を見て見ます・・・」と提案してみました。
先生も私の言わんとしている事がわかったようで、多めの錠剤を処方してくれました。
検査結果も正常値をマークしているので、治ったとみなしたってことです。

その錠剤をその終わった後は・・・市販の錠剤を買いました。うふふ

今現在、錠剤を服用していませんが、貧血ではありません。
ときどき干しぶどうとかプルーンなどを食べたりして、気を使っています。

180日って長いようで意外とあっという間にやってきます。
私はもうひとつ別件で、180日に迫まりはらはらした経験があります。
まあ、その話はまた別の機会に。
とにかく長期の通院になりそうだったら、カレンダーに印をつけて通うようにしましょう。

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。