1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17

Category: 映像

Tags: ---

Comment: 0  

男性って
やっと、「rome」を観終わりました。
ふう、達成感。

途中体調を崩したりして気力が落ちると観る気も失せたりしましたが、どうにか無事最終話に突入。
思った以上にカエサルが死んでからのほうが長かったため、知らないことが多く勉強になりました。

勉強になったといえば、最初繊細な感じだったオクタヴィウス君。
再度登場したときには別人のようになっていました。(本当に別人が演じてはいるのですが)

りりしい顔立ち


まぶしいくらいの変わりよう。
中身も別人のようです。

そうなのよね。常々思っているのですが、
子どもから大人に成長する際の変わりようって、女性よりも男性のほうが断然激しいのじゃないかしら。

もちろん個人差も大きいでしょうし、時代やお国柄にも左右されるのでしょうけれど
女性って子どものころの個性をもちつつ、それなりに成長している人が多い気がします。
外見的に大変身!!ってことは大いにありますが、中身は想定の範囲内の変動のことが多い。

私の女性の知人の中にも学生のころには想像もしていなかったような今を過ごしている人、たくさんいるけれどそれでも本人の中身というか人間性って劇的には変わっていないように見受けられます。

それに対して男性は大変貌を遂げた人、何人もあげられます。

女の子の強さに負けて文句も言えなかったような子が、大人になってあってみると
快活で感じのいい男性になっていたり、

クラスでもあまり目立たなかった子が、立派になっていたり。

手も付けられないような暴れん坊というか、今で言うキレやすいタイプの男の子が
包容力のある人になっていたりします。

社会に求められるせいで男性はいやおうなしに成長するのでしょうか。
そうだとしたら、ちょっと大変です。

それとも、私が女なので子どものころは男の子の中身をきちんと理解していなかっただけなのかもしれません。

先のオクタヴィウス君も線が細く、繊細で、すこし気の弱そうなところ(強そうなところも見えていましたが)があったのに、逞しく冷徹に目的を遂行する男性となりました。
女性関係もウブだったのに・・・ちゃんとromeの男性になっていました。


ところでこのドラマ撮影のため俳優たちは2年間ローマにいたとのこと。
もちろん出入りはしていたのでしょうが、すごいですね。
セットも本格的に作ってあったようで、メイキングを見たらなんだかディズニーランドのように思えてきました。

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。