1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10

Category: 映像

Tags: ---

Comment: 1  

本を読みました
本屋さんに行ったら欲しい本がありませんでした。
探してもらおうとしたら、「ああ、この辺のはあまりとらないから・・・」といわれて
なんだか悲しくなりました。

やっぱり売れ筋じゃないとわざわざ香港で入荷なんてしないって言うのね!!と、
ちょっとくやしくて、注文をするのをやめてみたけれどそうするといつまでも読めません。
うーん、ひねくれ者は損をします・・・。反省。

ということで、おもいっきり売れ筋の本を選んでみました。

今回読んだのはこちら

容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)
(2008/08/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


帯には福山雅治と柴崎コウの写真がありました。
この本で映画化されるとのこと。以前にこのシリーズですでにドラマ化されています。

本では男性の刑事がドラマや映画では女性に変更されるのは、やっぱり画面に華が必要って事でしょうか。

このシリーズでは初の長編と言うことですが、大変おもしろかったです。
帯には「すべての真実を知ったとき、胸の震えが止まらない」とありました。

正直、胸の震えが止まらないってことはありませんでしたが、ああ、わからなかった・・・と思いました。
大抵の作品では「大ドンデン返し!」と謳っていてもほとんどの人は何となく先が読めることが多いものです。
が、私はこの作品は読めませんでした。
すっかり手中にはまりました。

ただ、すべて読み終わったあと映画化の配役を見てちょっとしっくりきませんでした。
私の中の像と一致しなかったためです。
まあ、本は本、映画は映画ですからね。

ともあれ、楽しい時間を過ごせました。

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。