1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04

Category: 映像

Tags: ---

Comment: 0  

映画とブーツ
この秋初めてブーツを履きました。
ちょっと気候的に早い?とは思うものの今日は構いません。
隣をノースリーブにサンダルの人が通り過ぎても一向に構いません。

だって、映画館に行くのですから。防寒をしっかりしていかないと寒くて内容が頭に入らなくなります。
ということで完全防備をして行って参りました。
日本ではもうDVD化されているようですね。

THE MAGIC HOURTHE MAGIC HOUR
(2008/12/03)
佐藤浩市妻夫木聡

商品詳細を見る


とっても楽しかった。大爆笑!!
個人的には深津絵里と戸田恵子が好きだわ~

以前「THE 有頂天ホテル」も見ましたが、今回の方が断然良かったです。
思いの外観客も多く、みな声を出して大笑い。

すこし内容に触れますがチンピラの妻夫木がボス(西田敏行)の面前に伝説の殺し屋を連れてこなくてはなります。
苦肉の策で俳優の佐藤浩市に「ぶっつけ本番の映画の撮影だ」と説明して、殺し屋としてボスと対峙してもらうことになります。

この時点でだまされているのは俳優とボス。
わかっているのは妻夫木と観客です。ですから双方のだまされ具合がおかしくて会場はくすくす
笑っているのです。

映画が進むにつれ誰が誰をだましているのか誰にどこまでばれているのか最後にどうなるのかわからなくなってきます。

私は普段映画は一人で行くことが多いです。
もちろん友人と映画の話もしたくなりますがそれはお互いに別々に見に行って、後日その話題で盛り上がる、それで十分満足していました。
けれどこの映画は誰かと一緒に見に行った方が楽しかったかもと思いましたよ。

映画の舞台になるホテルとその町並みはセットです。
映画が終わり、メインキャストが紹介され、スタッフ等のテロップが流れる時には観客の
ほとんどは外に出てしまっていました。
が、そのあと撮影スタジオにそのホテル等のセットを作っている映像が流れます。
別に特別目新しい物ではありませんが、ぜひそこまで見てあげて下さい。

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。