1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  

料理掃除洗濯禁止令 発令中!!
香港乾燥しています。
90%前後の中で生活をしているので、70%ぐらいになると「乾燥しているわ~」と感じるようになります。

そして今日の湿度は天文台によると56%ですって。これって香港ではかなり低い数字です。

私は恐ろしいほどの乾燥肌。
人生で一番瑞々しいはずの幼少のころから冬は粉をふくような子供でした。
ですから日本から香港に来た最初の冬は、肌のかさつきが落ち着いて心底うれしかったものです。
けれど、あっという間に香港の湿度に適応してしまいやはりこの時期にはかさつき始めてしまいます。

顔や体のかさつきは御化粧やボディークリームで対応すればいいのですが問題は手指です。
もともと年間を通して手指の状態は非常に悪く、乾燥が加わるこの時期が辛いのです。

とても不思議なのですが私の顔の皮膚はかなり丈夫。
今まで化粧品でかぶれたり荒れたことなど一度もありません。けれどその化粧品を塗っている手の方はいつも過剰に反応するんです。
同じ皮膚なのにとっても不思議。
面の皮が厚いとかそういう事なのでしょうか。いや、科学的に不思議です。

これは以前聞いた話ですが、皮膚が荒れているということは外界との膜が破れている状態だそうです。
ですからそこからいろいろな物が体内に入ってしまって反応するらしいのです。

アレルギー検査をしたところ埃もダメなようで、埃をさわっていると手がかゆくなってきます。

わたしの顔の膜は破れていないけれど、手の膜は破れているということなのでしょう。


さて、最近あまりに手の状態が良くないので病院に行ってきました。
ここではいつもステロイド剤の入った塗り薬とふつうのクリームを出されます。
また、飲み薬も処方されます。
この薬を飲むとあっという間に肌が滑らかになるのでうれしい反面、とても怖いです。
けれど経験上、薬の服用を止めるとあっという間に元に戻ることを知っています。

そこでどうしたらいい状態をキープできるのか先生に聞きました。
すると化粧品、洗剤、石けんなどは手で触ってはいけないというではありませんか。
洗い物は手袋をして行い、体を洗うのはボディーブラシを使った方がいいそうです。
もちろんシャンプーは手袋をして行うのが望ましいらしいです・・・・けど、それってかなり実行が難しい。

掃除もしない方がいいそうです。
「水」が荒れた肌には良くないためぬれた物はさわらない方がいいとのこと。

う~ん、かなり難しいなあ。
と思っていると、先生が「私もそうなのよ。だからなんにもしません。ほら見て?」
と美しい手をかざして見せてくれました。

結局、顔を洗うのにも手袋なんてどうしても気持ちが悪いし、やっぱりシャンプーも手でしたいし
実行できるのはボディーブラシくらいかなあと思っています。
でもだったら、もう体も普通に洗っちゃっても同じじゃない?とも思っていて、買いに行っていません。

ただ、掃除もしちゃいけない、洗濯もしちゃいけないって先生に言われた!というとても都合のいい自分への言い訳が出来ました。
これってとても便利。
何かが面倒くさくなる度に「私ドクターストップかかっているからね~」「そうだね」と一人で納得して適当に手を抜いています。

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。