1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 2  

なんとなく気に入らない・・・

私の住んでいるマンションには外国人もたくさん住んでいますが、もちろん香港人もたくさん住んでいます。
大抵の香港人の家庭にはアマさん(いわゆるメイドさん)がいて、ほとんどがフィリピン人です。
そして奥さんは働いているというパターンが多いように感じます。

さて、そのアマさん達は家事全般に加えて、子供の世話や高齢者の介護を担っています。
ときどき広東語が達者などう見てもフィリピン人にみえるアマさんを見かけることがありますが、大抵は英語を話しています。

特に子供の世話をしているアマさんは子供に対しては英語で話しかけている場合がほとんど。
多分両親は広東語で話しかけているのでしょうが、アマさんが英語で話しかけることによって小さいうちから二カ国語を習得させようと言う考えもあるのでしょう。

前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。

日中にエレベーター等で乳幼児とアマさんという組み合わせに出会うことが多々あります。

そのとき抱かれている子供が私の方をじっと見つめたりしていると

そのアマさんが「○○(子供の名前)、Say hello to aunty(auntie)!」といって私にあいさつをするように促します。
子供が恥ずかしそうにしていると何度も何度も「Say hello to aunty!」と言います。
これって私のことなんですけれど、これってどうなの?っていつも思います。

そもそも日本語では叔母とそのへんのちょっと年上の女性のことをおなじようにおばさんと呼びますけれど、英語としてこれってそもそもあっているのでしょうか。

と言うのも、エレベーターの中で出会う子連れの白人ママから「aunty」という呼び方をされたことが一度もないからです。
別に私はおばちゃんじゃない!!とか言いたいわけではなくて、でも私の母親くらいの年齢のアマさんから何度も何度も「aunty aunty」言われると、なんだかとても複雑な気分。

まあその子供から見れば充分auntyな?年齢なんですが、納得いきません。

だって初めて会う子だったりするんですよ。よく会うなついている子だったら「Hello!aunty!!!」でも全然OK。

私の方もにこっとほほえんだり、手を振ったりしてみますが「コノヒトダレダ」って感じで大きな目で見つめ返されるだけだったりします。

まあ、気分の問題なんですけれど。
何となく慣れません。

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

Comments

joonaさん、ご無沙汰しています。いつも拝見してはいるのですが、コメントは久しぶりになります。お元気ですか?

全くの想像なのですが、フィリピンの人たちにとってAuntyというのは年齢が上の方たちに対して呼びかけるときの丁寧な言葉なのではないでしょうか。この場合、もちろん子供さんから見て年齢が上のjoonaさん、ということです。(確かに、英語をネイティブに話す方たちはある程度親しい人に対してしかAuntyとは言わないように思います。)日本語の『おばさん」というのとはかなりニュアンスが違うと思います。
noodleさんへ
私の方もいつも拝見させて頂いております。
そして元気です。

フィリピン人のアマさんの「aunty」と連呼している態度はあくまでも、屈託がなく、悪意など全く感じないので、ご指摘通りなんだと思います。
決して彼女から私に対して「aunty」と呼びかけているのではなくて、あくまでもその幼児に「aunty」と発声させようとしているのですしね。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。