1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06

Category: 映像

Tags: ---

Comment: 2  

ブタがいた教室
これをみました。
ある意味タイムリー?

ブタがいた教室 (通常版) [DVD]ブタがいた教室 (通常版) [DVD]
(2009/04/10)
妻夫木聡原田美枝子

商品詳細を見る


これは実話を基にしているんですよね。もうその当時の子供は大人になっているくらい前の話ですけれど。

これから見る方、できれば数人でみることをオススメします。

なんでって、熱く語りたくなってくる映画だからです。
最初に「大きくなったらみんなで食べましょう」という提案で小学校で飼い始めた豚。

愛情が湧いてきて、でもタイムリミットも近づいてきて、さあどうするかで子供達が議論する映画なのですが、育て続けるか最初の予定通り食べるかに加え、そもそも何でそんなことするの?とか豚である必要あるの?とか食べ物のありがたみとかって、育てた豚を食べることで学べるって本当に思ってるの?とかいろいろな事が頭の中を駆けめぐります。

先生に対して。

これが妻夫木くんじゃなかったら、もうちょっと非難したくなっちゃいそうです。
そういう意味では、妻夫木くんが適任かと思われます。(きれいな顔だしね)

私は結末を知っていながらみたのですが、知らないでみるのも良いでしょう。

でも個人的には、他の方法でありがたみを教えて欲しかったと思いました。
たとえば米作りでも、魚釣りでも、にわとりの卵取りでもいいんですが、食べ物を得る苦労を学ぶ方法は他にもあるんじゃないかな、より適している物があるんではないかなと思いました。

みなさんはどうでしょうか。

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

Comments

確かに妻夫木先生さわやか過ぎです。小学校であんな先生に出会っちゃったら初恋間違いナシですな。でも確か本当の先生も当時結構若くてさわやかな先生だった記憶が。当時の生徒さんはいま30代前半あたりじゃないかなと思います。日本のテレビでドキュメントを観たのですが、ブタがまたなんだかかわいかったのが印象に残ってます。
でもぉ、目の前に突きつけられたらやっぱり私は「ハイ食べましょう」とは言えません。トンカツは大好物ですが。。
拉面毛さんへ
ああ、本物もさわやか系なんですか。香港で大きなブタがぶる下がっているのをみるとかなり大きいですよね。
映画の中ではそこまで大きくなっていませんでしたけれど。

わたしもブタは無理ですね、鶏も飼っていたらイヤかな、魚はどうでしょうか?
なにも飼っている物を食べる必要ないですよね。
ああ、植物は食べることを楽しみに育てますけれどね。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。