1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13

Category: 曼谷生活情報

Tags: ---

Comment: 0  

乗り物たち
タイに引越す事が決まったとき、ひとまず何冊か旅行ガイドを買い込みました。

交通機関のところには鉄道、地下鉄(MRT)、スカイトレイン(BTS)の電車各種、バス、タクシーなどの説明とともに
トゥクトゥクという乗り物が必ず紹介されていました。
いわゆるオート三輪です。(ここで写真を貼り付けたいところですが、まだ用意が出来ていません。)

けれどこちらに来てからまだ一度もこれに乗った事がありません。
というより、あまり見かけません。

ああ、でもSiamに買い物に行ったときは少し見かけましたから、観光用なのかもしれません。
旅行ガイドですから、紹介されているのでしょう。
王宮などに行ったらもっと見る事が出来るかもしれませんね。

トゥクトゥクには乗った事がない私ですが、シーローという乗り物には毎日のように乗っています。
(また、ここに写真を貼り付けたいのですが、準備が出来ていません。)

シーローのシーは「4」ですから、4輪です。
荷台の部分にお客用に座席を取り付けたようなもの。一応屋根もあります。
凄い近場なら20バーツで行ってくれます。
行きたいアパートの名前を告げれば大抵は二つ返事で連れて行ってくれます。
私より、道を知っているのでとても便利。

バンコクのタクシーの初乗り料金は35バーツです。
その後、37、39とメーターが小刻みに上がっていきます。
距離と時間に比例していくのでしょう。

そして、バンコクは意外とせまいので、50バーツくらいで目的地に到着する事が多いです。

ちょっと遠出して、80バーツくらい。100を超える事は遠出+大渋滞の時くらいです。
さて、目的地について料金を払います。

47バーツの時に50バーツはらっても、おつりは来ません。
切り上げが習慣だからだそうです。
49バーツの時も当然50バーツになります。

そっちがそのつもりなら最初から35バーツ、40バーツとあげていけばいいのにって思います。
なんだかもらえるべきおつりがもらえないのって良い気持ちがしません。

3バーツ10円しないのだからとはわかっていても、でもじゃあ小刻みにあげていく意味ってあるのかなって
疑問に思います。

タイ人はそこのところどう思っているのでしょう。
気になって仕方ありません。


テーマ : タイ・バンコク    ジャンル : 海外情報

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。