1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28

Category: お出かけ

Tags: ---

Comment: 4  

モン族の手仕事
今回、チェンマイで絶対に買いたかったもの。それはモン族の刺繍が施されたバッグです。
バンコクではモン族以外にもいろいろな北部の民族の雑貨が売られているのですが、モン族は刺繍で有名なんです。
チェンマイからすぐのところにモン族村があり、そこで民芸品が多数売られているのでとても楽しみにしていました。

ところでこの旅行で行くまで詳しく知らなかったのですが、モン族ってメオ族とも呼ばれているようで、それってミャオ族の事だそうです。ミャオ族=苗族なので中国から東南アジアに掛けて広く分布しているようです。

写真下手


バッグや靴や袋、布地などたくさん売っていました。
目移りしちゃう。

洋服やエプロンなどたくさんあったのですが、勢いに任せてスカートを買っても、着る事は多分無いなと思いぐっとガマンしました。

かわいい


でも、ちょっとガマンし過ぎちゃったかな。
もっと買えば良かったな。

テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 海外情報

Comments

あのスカートはね…。(笑)
見ている分には可愛いんですけれど、ちょっと穿けませんよね。
でも、囲まれていると判断力が無くなってきて、スリッパもエプロンもチュニック風も欲しくなってしまうから怖いです。
抑制するのって難しい。
う~ん、やっぱり可愛いですねぇ~。バック、スリッパ、エプロン、布、あたりは絶対に買っちゃいそうですね。スカートは私も買わないかも。私も行きたくなって来ました。
Re: タイトルなし
モン族のものは実はバンコクでも売っています。
バンコクのお店の中には、日本人や外国人が経営しているところもあって、そういうお店に行くと
「そうそうこのくらいなら使えるわ」と思うような小物や、ランチョンマットなどがあったりして
良い買い物が出来ます。
でも、やっぱり実際にチェンマイに行きたいよね。

チェンマイでも村まで行かなくてもナイトバザールとか目抜き通り?のお店などでモン族グッズが売られています。
ちなみに村では髪の毛を民族チックな小物を使って結ってくれます。楽しいよ。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。