1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31

Category: お出かけ

Tags: ---

Comment: 0  

Khao Kheow Open Zoo =カオキアオ動物園=
ちょっと前にカオキアオ動物園に行きました。
ここはバンコクから車で空いていれば1時間ちょっとで行けるのではないでしょうか。

ですから行ったんだ~と話すと、たいていの人は行った事があったりします。

ここは日本の動物園のスケールと比べるととてつもなく広いです。
何たって車で回るくらい。

けれどサファリパークのようにライオン等が放し飼いになっているのではなくて、
要所要所に駐車スペースがあってあくまでも動物たちは檻に入っています。
ゆるーい檻に。
どれくらい緩いかというと、動物が顔を出してきてえさを食べにきます。

091231-3.jpg
このゾウなんて顔がしっかり檻の外に出ているので、かなり離れてる場所まで鼻が届きます。
真横に立って写真も撮ったりしたんですが、このゾウが本気で頭突きしてきたら死ぬんじゃないかって
ちょっと怖かった。

091231-1.jpg

091231-2.jpg

麒麟はダチョウやシマウマたちと同じ区域にいるのですが、やっぱりぬお~っと顔を突き出してきます。
そしてお客たちは動物園で買ったバナナや野菜を与え楽しむというのが、この動物園の一番の特徴。

入場料は安いのですが結局たくさんバナナや野菜を買ってしまいました。

だって、あげるとばくばく食べるのが楽しくて楽しくて。


もちろん肉食獣の虎やライオンはしっかりとした檻に入っています。




091231-4.jpg


けれどもともと夜行性の彼らは昼間っていまいち元気もないし、面白味に欠けます。
それに比べたら、山羊や猿や熊たちの(あれ?熊はこっちで良いのかな)の方が
かわいらしい。

けれどサルたちに関してはもう檻から完全に出てしまって、野猿状態です。
私たちの歩く歩道やら車道やらを我が物顔にわたっています。

ニホンザルよりちょっと小柄です。

日本に住んでいるときは動物園でどちらかというと好きではなかったのですが
ここはとても楽しめました。
見ているだけではなくて、餌付けできるのがいいです。
ああ、あと並ばなくても良いくらい空いている、これもとてもポイントが高い。
採算取れているのか心配になるほどです。

テーマ : タイ・バンコク    ジャンル : 海外情報

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。