1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07

Category: 曼谷生活情報

Tags: ---

Comment: 0  

薬の話 ①
薬の話が何番まで続くか分かりませんが、ちょっと書いておきます。

日本では病院で市販薬が出されたり、病院でもらった薬を薬局で買ったりする事はないですよね。
鎮痛剤などは同じ場合がありますが。

ところが一歩海外に出ると、状況がちがって、病院でもらう抗生物質も薬局で買う事ができます。

私は薬アレルギーもあるため最初から薬局で薬を求める事は極力しないのですが、
病院でいつも出される薬は名前を書き留めておいて、次回から薬局で購入したりしています。

たとえば腹痛で病院に行ったとき、大抵下痢止めや整腸剤と共に痛み止めと説明される薬があります。
これは日本の病院でも出された事があって、とってもなじみの薬です。
どうやら胃腸の動きを止める薬らしいです。

大抵の腹痛時には出されるし、飲むと効いているようなのでこれは薬局で買って常備しています。

解熱剤として出される「タイレノール」に至ってはコンビニのカウンター等で10錠10バーツちょっとで売っています。驚きでしょ?

これも買い足して常備しています。

私は肌が弱くて抗生剤入りのクリームや軟膏を先生から出された事があるのですが、
同じ症状の時はそのチューブを持って薬局に行き、同じ物を買っています。

また、酔い止めも病院で出してもらうほどではないので薬局で買っています。
日本のように水がいらないタイプではないけれど、気にならないので飲んでいます。

そもそも当初は驚いたのですが、タイでは薬が箱ごとで売っていないのです。
先ほどのタイレノールも箱で30錠いりとか50錠いりとか売っているのを見た事がありません。
いつも1シートずつ。 その分安いから買いやすいのかな?

先日じんましんが出てしまったため、悩んだ末病院に行かず薬局で薬を買いました。
依然出された抗ヒスタミン剤の名前を不覚にも覚えていなかったのですが、見せられると同じ物だったので
購入しました。
よかった。

別に毎日を忙しく過ごしているわけではないけれど、時間もかからず便利です。

でも、怖いなあと思う事もありました。その時は結局買ったけれど、飲まなかった。
次回はそのことを書きたいと思います。

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。