1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19

Category: お出かけ

Tags: ---

Comment: 0  

アンコールワット 3 ankor thom
そして「アンコールトム Angkor Thom」アンコールトムはアンコールワットより広くて壮大でした。

120419-1.jpg


今のカンボジアはほとんどが仏教徒だそうです。ただ仏教が入ってくる前はヒンドゥー教だったとのこと。
ガイドブックを見るとヒンドゥーとして建てられたものがあとから仏教の寺院に改築されているとかかれていたり、仏教寺院だけれどヒンドゥーのお話が彫られていたりするところがあるようです。


120419-2.jpg


120419-4.jpg


今回紹介しなかった遺跡もいくつか回りました。
写真でみるとどこも似たような印象になってしまって、これを見ている人もみんなおんなじじゃんって思うかもしれません。

けれどここで紹介したところは、ほとんど遺跡の知識がなく、典型的な一般人の私でも印象に残っているもの。
まだ訪れたことのない友人に聞かれたら、行っておいた方がいいよって声をかけたくなった場所です。

------------------------------------------------------

シェムリアップからカンボジアに入り、遺跡をめぐってカンボジアを出てしまったので首都のプノンペンなどの都会にはいきませんでした。
片やタイで行った遺跡はアユタヤやチェンマイなど今でも地方都市として認知されている場所。
だから正確に比べることはできないけれど、タイとカンボジアはぜんぜん違いました。

小さな飛行機でシェムリアップに着陸するまで、窓から下を見ていたのですが見渡す限り森林。ところどころ池があり川が流れているだけでジャングルが広がっていました。

遺跡から遺跡へバスで移動する間にみえる民家は、ほとんどが木造の高床式の小さな家。わらぶきのような家もあります。
水道はなく井戸水で生活をし電線もありません。家の前には農作業で活躍する牛が2,3頭と鶏がいる。
そんな景色が延々と続いています。

実はこのツアーの最初の場所はキリングフィールド。
映画「the killing field」をご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私は題名を聞いたことしかなく、キリングがkillngだということも今回行く前に文字で見て始めて知ったくらいでした。

旅行に行く前に軽くカンボジアについて読んで入ったのですが、そこに展示してある人骨や写真はカンボジアの中で内戦がまだ数十年前のつい最近終わったばかりの出来事であることを伝えています。
ツアーのガイドの人が堪能な日本語で子と細かく話す話はとても重かったです。

最後に、4月のカンボジアはほんとに暑かったです。タイから行った私たちもヘロヘロ。
日本から行く方はお気をつけください。

120419-3.jpg

テーマ : カンボジア    ジャンル : 海外情報

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。