1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  03 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16

Category: 曼谷生活情報

Tags: ---

Comment: 0  

ワット・ポーでマッサージを習う 2
前回からの続きです。

タイマッサージの基本コースのはじまりです。

学校ではまず最初にみんなでお祈りをします。
先生がタイ語でお祈りを捧げるのですが、日本人の生徒はカタカナでお祈りが書いてある紙を渡されています。

どうしたものかと周りを見回してみると、殆どの日本人はタイ人の先生の見よう見まねで、手を合わし
タイの神棚のようなところにお祈りをしています。
ただ、外国人(欧米人)で手を合わせる人はいませんでした。あぐらのまま時間がたつのを待っている場合がほとんど。

私はなんとなくタイ人の先生たちが祈りを捧げているときにあぐらのままいるのは気が引けるし、無礼な気がして
居住まいを正し、手を合わせました。

さて、タイマッサージですがここで習うのは一式1時間半ほどかかるもの。
それを二人組でやって、やられて3時間かかる、という仕組みです。
ただ、これは二人ともある程度、手順が頭に入って以降でないと無理なので、最初の何回かは
先生とペアになって手取り足取り教えてもらいます。

これが結構きついんです。
なぜなら先生はとっても上手なのでモデルになってやってもらっているととても気持ちが良くなってくる。
本当はコツなどテキストに書き込んで自分の番になったときに忘れないようするため、
このモデルの時間がとても大切なのですが、それに気づくまで数回掛かりました。

ああ、気持ちいいなあってボーとしていると、いざ自分が先生をモデルにしてやってみると「ちがーう、ちがーう!」といわれてしまうのです。

先生はとっても厳しくて、だめ出しが続くとかなり凹みます。
大人になってからこんなに怒られたことなんて無いんじゃないかと思うくらい怒られました。

なんか、思い出してきたらいやな気分になってきたのでいったん休みます。

テーマ : タイ・バンコク    ジャンル : 海外情報

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。