1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16

Category: 香港生活情報

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

湾仔 電脳城で消耗品を買う
湾仔に電脳城があることは結構有名ですね。得意な方もいらっしゃるでしょう。
joonaも香港に住んで割と早い時期に、こちらに連れてこられたものです。
最初は人の多さとdeep度にドキモを抜かれ”あんまり行きたくないところ”というレッテルを貼りましたが、何度か訪れているうちに免疫が出来、今では必要なもの以外にも、めぼしいものが無いか探索できるようになりました。(写っている方は全く関係ありません。)
電脳外

joonaが必ずここに来て買うもの、それはプリンターのインクと、印刷用紙です。自宅で写真を印刷したり、クリスマスカードを作ったりするので意外と消耗品がいりようなのです。

それでは中に入ってみましょう。

電脳内エスカレーターをあがると小さなお店(ブースのようですね)が一杯並んでいます。通路はとても狭いです。オープンの時間は店舗によりまちまちですが、11時くらいから開き始めます。全部開くのはお昼頃かな?


お店によって扱っているものが違います。プリンターばかり売っているお店やコンピューター本体を扱っているお店、消耗品やソフトが専門のお店など。
お店では、若い店員が2.3人、物を食べながら話しながら接客しています。やる気がなさそうな割には、お店に入っていくとすぐに「何だ?」と声をかけてきたりするのがちょっと慣れるまで面倒です。

客層は以外にも白人も多く、そのため店員も英語を話す事が出来る人が多いです。

joonaはキャノンのプリンターのインクをいつも買います。これは電脳城のお店以外で買ってもいいのですが、欠品が多いのです。ここに来れば必ずどこかの店舗で買うことが出来ます。
店舗によって値段が違いますが今回は85ドルでした。

それとはがきサイズのフォトペーパーを買います。これはズバリ安いからです。写真印刷用の紙は他店とあまり変わらないこともありますが(30枚25ドルエプソン製)、クリスマスカード用の用紙となるとかなり値段が変わります。(聞いたことの無い会社の紙ですが)

もちろんA4サイズの印刷用紙も売っています。けれど重いのでこれはここで買ったことはありません。

先ほどあまり早い時間に行くと開いてないお店があると言いました。
これは本当です。が、休みの日の遅めの時間、たとえばお昼を食べてからゆっくり出かけたりすると嫌気が差すほど混んでいる事があります。
狭い通路に人がごった返していて、ゆっくり見比べる事も出来ません。
私のように買うものが決まっていればいいですが、もし何店舗かまわるつもりなら気力がいるので覚悟が必要です。慣れていないと毒気にやられます。

ここではゲーム関係のものも扱っています。がこれに関しては深水歩(シャムスイポー)の方が充実している気がします。実は私自身、湾仔から深水歩に移動して買い物をしたことがあるからです。
このお話はまた今度。



日本で地震があったようですね。新潟・長野の被害の様子をニュースで見ました。香港に来て驚いた事のひとつに、香港には長野方面出身の方がたくさんいらっしゃったということがあげられます。
たくさんの企業があるからなのでしょう。
余震などがひどくない事を願ってやみません。

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。