1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27

Category: 食事

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

魅惑のチョコレートファウンテン!!
人生3回目のチョコファウンテンをホテルのビュッフェ(自助餐)にて
体験しました。
チョコファウンテン

チョコレートが流れ続けているのが贅沢な気分にさせるのでしょうか。
ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家を思い出すのでしょうか。なんとも幸せな気分になります。チョコにイチゴやマシュマロを差し込む瞬間がたまりません。
けれども、これは食後のデザートだと自分に言い聞かせて、先にたくさんのお料理をいただきました。

和食あり、中華あり、インド系?ありのインターナショナルビュッフェだったので、少しずつ数多くのメニューに手を出して楽しみました。

そして今日はもうひとつ特別な事がありました。
それは、生牡蠣を食べた事。
実は胃腸系にあまり自身が無い私は香港に来てから、加熱している牡蠣にすら手を出さないでいました。異国で苦しむのが怖かったのです。
けれど氷の上にずらっと並べられた生牡蠣。前を通り抜けるだけで独特の香りが漂ってきます。そして私がこんなに躊躇しているにもかかわらず、皆さんどんどん自分のお皿に盛り付けていくのです。
こんなにたくさんの人が食べているのだから・・だんだん自分の気持ちが揺らいでしまい、とうとう食べてしまいました。何年ぶりなのかも思い出せません。ああ、おいしかった。けれど、牡蠣って”R”の付く月に食べるって言いませんか?今は”May”。
大丈夫だろうか。食後4時間ほど経過した今はまだ平気ですが・・・。

冒頭に書いたチョコファウンテンは食後にたっぷり堪能し、充実したディナーになりました。

九龍酒店(尖沙咀)

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。