1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19

Category: 食事

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

飲茶に行くとき その①
ブログを始めたのは、日本の親族にjoonaがつつがなく香港で生活している事を伝える事ができればなあ・・・と思ったのがきっかけです。

ただ、最近自分のブログを読み返してみると、なんだか食べたり食べたり食べたり・・・外食記事が多いような。
かえって、誤解を招くのではないかと心配になります。が、仕方がない!!!

どうやらjoonaは飲茶好き。飲茶>夜の本格中華 なのです。
理由はたくさんの種類のものを注文できるのと、やっぱりお値段!!
一回分の食事としては絶対飲茶がお徳です。
飲茶のメニューは、まだまだ未知のものが数多くあります。香港にいる間に一通りは食べつくしたいのですがやっぱり毎回食べたい定番もあるのでなかなか・・・道のりは遠いです。
なが~い春巻
蒜茸蝦長春巻


今回はjoonaの小さな飲茶対策をいくつか紹介したいと思います。

まずは時間。
皆さんのお昼ごはんって何時くらいですか?
joonaは子供のようですが12時には食べたいです。その時間なら、たいてい飛び込みで入ってもOK。けれど12時半をまわる頃からお店は急激に混み始めます。香港人の生活って日本人よりも後ろ倒しなようです。これは夜ご飯に関してもいえること。香港時間は遅め遅め。
なので、休日などゆっくり行動する日は予約を入れないとアウトなことが多いです。

料金の事を考えると思い切って12時前くらいに食べ終わるように行ったり(早市)、2時以降にいく(下午茶)という手もありますが、joonaのおなかのリズムにはあいません。
じゃあ、予約を入れたら必ず大丈夫かというとそうでもなかったりします。
その時点から15分くらい待つ事もあります。ディズニーランドのファストパスみたい?
実はこれが好きじゃないんです。何のために予約を入れたのかわかりません!!

まわりを見渡すと先に入ったけれど、8人がけにまだ一人しか来てないんですけれど・・・って席がたくさんあります。
下手すると、joonaより早くからいた隣のテーブル、joonaが食事終了の頃にやっと全員そろった・・・なんてことがあります。
その間、早く来た人はお茶を飲みながらただただ新聞を読む。
夫は新聞を読み、妻も新聞を読み、おばあちゃんはただ和むという光景が、ここそこで繰り広げられています。

だから自分一人でも時間に余裕があれば先に行って入っておくのがいいですね。みんなでお店の外でまっているのって得意ではありません。
joonaがお店を予約したときなど、中に入れてもらえないのが自分のせいでもないのに「ごめんね」って気分になります。
日本では「全員おそろいですか」なんて聞かれるところもありますが、香港では全員おそろいのほうが少ないですから。

さて、やっとお店に入ったのでお茶を注文したいと思います。
たいてい向こうから聞いてきます。
何も言わないと「普洱茶」が出てきたり、「ジャスミン茶」が出てきます。
joonaは以前中国茶をほんのちょっとだけ習った事があるのですが、
その先生からひとつアドバイスをされました。

飲茶のときは普洱茶は頼まない。

こよなく普洱茶を愛する先生にとって、食事の時に出される普洱茶の品質には怒りを超えて心配すらしているようでした。
レストランで消費される普洱茶葉量を考えたら、美味しいもののわけがないとのこと。
だったら、どのお茶だったらいいのですかと聞いたところ、もちろん自分の好きなものでいいのだけれど「水仙茶」や「壽眉茶」はけっこういいといわれました。
joonaは「水仙茶」が好きなのでそれ以来、これ一本です。

さあ、お茶も頼んだことだし、飲茶を選びましょう。

なんだか長くなりました。ここまでもこのあとも特に大きな技があるわけではないのですが、一応つづきを書くつもりです。
期待しないでお待ちください。

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

Comments

joonaさん、香港の飲茶は安くておいしいですよね♪
香港で飲茶を食べていると、日本では食べる気になれません。
わたしも香港に来た当時は日本人のお友達や週末には夫と
週に1度は行っていましたが、
だんだん減って今ではたぶん2ヶ月に1度くらいだと思います。
香港も長くなると、中華料理を食べることが少なくなります。

お茶を習われたのはきっと三思堂さんですよね?
わたしもずいぶん昔に習いました。
楽しいレッスンでした。
同じく、それ以来ポーレイ茶はレストランでいただきません。

joonaさんのお気に入りの飲茶のお店など、またご紹介ください。楽しみにしています。
noodleさんへ
お茶はおっしゃるとおり三思堂で習いました。ブルース・リーとお嬢さんを愛する先生です。
私は3年目ですが、最初の1年はドキドキしたり、音に負けたりして中華料理を楽しめませんでした。
やっと慣れてきて自分で注文したり新しい料理に挑戦したりできるようになって来ました。飲茶にいい波が来ている状態です。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。