1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21

Category: 食事

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

飲茶に行くとき その②
昨日に引き続き、小さな(ホントに小さな)飲茶対策について書きたいと思います。
飲茶にいってお茶を注文し終わったところからです。


飲茶はワゴン式とシートに記入して注文する方式がありますが、最近では圧倒的に後者が多いです。食べたいものをチェックすればいいのです。
写真が付いているものや、オススメのものだけ色が違うものなどもありますが、残念ながら漢字での記入のみのものも多いですね。
これおいしかったの XO醤最高!!
今回の最優秀賞はXO醤煎腸粉


なんとなく料理内容がわかるものから、全く想像のつかないものまでいろいろです。香港人やベテランが同席すればいいですが、観光客を案内しないとならないときなど、責任重大です。
無言のプレッシャーに弱いjoonaは注文に手間取るのがどうも苦手。あせりだしてしまってじっくり選べません。
どれが美味しかったのか?どれが喜んでもらえるのか・・・


そこで「またここ来よう!」と思えるお店では、いつも注文表を一枚もらって帰ることにしました。
そして、次回そのお店に行く前に、じっくり下調べしたり、確認してから乗り込みます。(あらかじめ記入してまでは行きませんが)

メニューこんなにたまってしまいました。
どうしてこういうことだけにマメになれるのかわかりません。
湧き上がる探究心?
食べ物に対する執着心?


さて、〆に炒飯や炒麺をたのもうと思ったとき、大好きな一品がメニューに載ってないことってあります。
えーどうして~大好きな肉絲炒麺がない!!って場合。
あきらめてはいけません。オーダーしてみましょう。
たいてい「ほうほう」っていわれます。よかった、食べることが出来るようです。
材料はあるのだから、そんな注文にも対応できるってことです。
だったら最初から書いておいてくれればいいのですが、書ききれないからなのか、特に力を入れていないからなのかわかりません。

またヨッシー
ほら、ちゃんと肉絲炒麺が出てきましたよ。やったあ!!


今までブログに載せたXO醤海鮮炒飯もそうやって注文したものだったりします。

名前を覚えたお気に入りの炒飯、炒麺をいろいろなお店で食べ比べるのも楽しいものです。

ということで、今日の小さな飲茶対策は「美味しいものにたどり着くには、執念をもってあきらめない」ってところでしょうか・・いや~読み返してちょっと恥ずかしくなりました。

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。