1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

香港やバンコク、その他訪問した国々のおはなし


ブログ全記事表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06

Category: 映像

Tags: ---

Comment: 6  

日本語の題名は「フィクサー」
この作品を見ました。

日本では「フィクサー」という題名


主演はジョージ・クルーニーです。彼は弁護士です。
ちょっと難しかった。
アメリカでは評価が高かったらしいですけれど。

よく映画でいくつかの場面を、あえて時系列とは違って差し込むものがあります。
こちらも最初のシーンが後になってつながって来るのですが、「ああ~ここにつながるのね」って場面が出てくるのがかなり後ろ。一時間半くらい経ってた?
そのためか最後の盛り上がりに進む坂も短くてなんだか終わりがあっという間。

ちょっと哲学的なナレーション(独白?)も難しかったです。


最初にジョージ・クルーニーを見たのはドラマ「ER」の時。
小児科医の役をしていましたね。
当時からステキ。
たくさんいるお医者様から「私はこの人」って思いながら見てました。

Continue

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

28

Category: 映像

Tags: ---

Comment: 0  

舞妓Haaaan!!!
私の元に届いたクリスマスプレゼントの一つ、阿部サダヲ怪演の「舞妓Haaaan!!!」でっす。

舞妓Haaaan!!!舞妓Haaaan!!!
(2007/12/12)
阿部サダヲ、堤真一 他

商品詳細を見る


阿部サダヲ、いつの間にか私の視界にいたんですけれどたぶん顔と名前が一致したのは、テレビドラマ「僕の魔法使い」から。古田新太とともに弾けていました。

この映画、阿部サダヲが映っていない時間って、どのくらいあるのかなって思うくらいデズッパリ。あまりに楽しそうで、ほほえましくなってきます。
サダヲ生き生きしているよ~。よかったね~。

ストーリーは正直途中で中弛みしてしまったのですが、まあお正月休みの娯楽としてはいいんじゃないでしょうか。もちろん受け付けない人も大勢いると思います。

意外だったのが、柴崎コウの舞妓さん姿が思ったほどではなかったこと(失礼)。
いえいえもちろん美しかったのですが、京野ことみの方が良かったかな~。
やはり白塗りしてしまうとなると、和風の顔立ちの方が似合うようになっているのかなあ?

なんてことをいろいろ考えた作品でした。
見ても良し、見なくても別に良しってところです。

テーマ : 海外生活    ジャンル : 海外情報

12

Category: 映像

Tags: ---

Comment: 2  

映画 東京タワー
もうすぐ香港でこの映画が公開されます。
まだ見ていないので、楽しみです。
香港版こちらは香港の広告。文字が旧漢字ですが、それがなんか雰囲気を出していていいです。

Continue

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

11

Category: 映像

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

ALWAYS 三丁目の夕日
この映画、もうすぐ続編が公開されるようですね。
私は一作目を、二年ほど遅ればせながらDVDにて鑑賞しました。

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 ALWAYS 三丁目の夕日 通常版
吉岡秀隆、堤真一 他 (2006/06/09)
バップ

この商品の詳細を見る


公開当時、「CGで昭和30年代の東京を再現!!」と話題にしていたと思います。


実は3日ほど日にちを空けて2回見たのですけれど、その理由は一回目はストーリーに集中できなかったからです。なぜってCGが気になって気になって・・・。
確かにすごいです。
汽車は走るし、都電も走るし、その中から見ている景色は流れていくしちゃんとガラスには車内が映りこんでいるし。
でもCGがすごいすごいといわれてからみてみると、なんだか全部CGなんでしょうって気分になってきます。
古いものをCGで処理しているのって、ありえない未来の世界をCGで写しているより気になってしまうのはなんでなんでしょうか。
違和感かな?

銀座の通りが写るシーンなんて、和光以外全部うそじゃん!と声に出してしまいました。

そして、通行人の役の人はどんなところを歩いてとっているのかな、とか通りを渡っている吉岡秀隆は何を見ながら演技しているのかなとか、いらない事ばかり考えてしまいました。

Continue

08

Category: 映像

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

HERO みちゃう?
街中で見たことのある顔を発見。
別に大ファンというわけではないけれど、実物ではなくてただのポスターだけど、なんかうれしい。

香港でもやるようですね。

やっぱりキムタク、みとこうかな・・・。
hero


このシリーズ、まだ日本にいた頃に見ていたのでちょっと楽しみです。
個人的に好きな阿部寛さんも出ているようです。
あと松本幸四郎も好きではないけれど見たいです。
あと、イ・ビョンホンも出ているみたいなのはなぜ?

まあ、日本公開とあまり時差なく公開されるのはうれしいです。
楽しみ。

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

01

Category: 映像

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

それでもボクはやってない
ひきつづきDVDを鑑賞しております。
周防監督「それでもボクはやってない」です。
それでもボクはやってない スタンダード・エディション それでもボクはやってない スタンダード・エディション
加瀬亮;瀬戸朝香;山本耕史;もたいまさこ;役所広司 (2007/08/10)
東宝

この商品の詳細を見る


こちらのDVD、自分で選んだわけではないので題名を見たときは
ああ、Shall we ダンスの監督の痴漢の映画ねえ~くらいの印象でした。
日本では数年前から痴漢冤罪が話題になっていたし、もちろんこの映画が公開されていたのもうすうす知っていたので軽い気持ちで観はじめてしまいました。

が・・・(ここからひとまず少し内容に触れます。)

が、とても考えさせられる映画でした。
主人公が混雑する電車内で痴漢に間違われてしまうのですが、彼はやっていないのです。
善良な市民である彼は今まで痴漢でつかまった事などなかったため、自分がどんな状況に置かれているかもわからずあれよあれよという間に逮捕されてしまいます。
そして当然のように無罪を主張するんですね。

が・・・(ここから激しく内容に触れます!!)

Continue

29

Category: 映像

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

1990年へGO!!
今日は日本のDVDを見ました。
日本からのプレゼントはうれしいです。ありがとう!!

バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 スタンダード・エディション バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 スタンダード・エディション
馬場康夫 (2007/08/17)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


1990年にタイムトリップをするこの話、どうして1990年なのかと言うと
この年がバブルが弾ける直前だからなのです。

1990年って17年前。
あなたはなにをしていましたか?



実はこの映画、1990年と今をこれでもかと比較するシーンが盛り込まれていてとても懐かしいのです。
ちょっとわざとらしいくらい。
みんなボディコンを着て、前髪を少し下ろして立ててます。そうだったけどやりすぎ・・・。
でも、それが楽しいの。

Continue

15

Category: 映像

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Evan ALMIGHTY とCarrie Chau  
タイムズスクエアのUAにて、映画を見てきました。
「Evan ALMIGHTY」です。

楽しませていただきました


とっても楽しかった。完全に娯楽映画です。
やはり英語力に自信がないので、どうしても娯楽映画ばかり見に行ってしまいます。でもちょっと涙も出たけれど・・・。

香港で見る映画はいつも5人とか7人とかお客さんが少ない事が多いのですが(私のチョイスが香港人とずれているのでしょう)、今回は上映館も少なかったため、結構入っていました。
そしてみんな笑う笑う。
次の展開がわかる場合、先に「ああっ!」等反応しまくりです。うーん楽しいかも。

この映画、続編なんだそうですね。先に「Bruce Almighty」という映画があったそうです。Gim Carreyが主役で。
知りませんでした。その中の脇役だったSteven carellが今回の主役だそうです。
けれど、単体でも十分楽しめます。というのも話がつながっているわけではないので。つながっているとすれば両方に神様(Morgan Freeman)が出てくることくらいのよう。

少しだけ内容に触れます。

Continue

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

05

Category: 映像

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

Rush Hour3で真田広之をみる
ちょっと出遅れ気味ですが、Rush Hour3をみてきました。

真田さんもいます

期待以上に面白かったです。というか完全に娯楽映画。
たくさんの人たちとげらげら笑いながら見るのが本当はいいのでしょうが、今回の観客は7名でした・・・さみしすぎる。どうして?

以下内容に触れます。

Continue

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

13

Category: 映像

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

DVD 愛の流刑地
香港とは全く関係ありませんが、DVD「愛の流刑地」を観ました。
原作を読んでいなかったのですが、豊川ファンとしては例え別の国に住んでいようとも見過ごす事は出来ないからです。
愛の流刑地 愛の流刑地
豊川悦司、寺島しのぶ 他 (2007/07/27)
東宝

この商品の詳細を見る

Continue

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

07

Category: 映像

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

おとうと
ここ数ヶ月、時に立ち止まりながら見続けていたアニメ「monster」がとうとう最終回を迎えます。長かったような、短かったような・・・。

MONSTER DVD-BOX Chapter 1 MONSTER DVD-BOX Chapter 1
藤田しげる、木内秀信 他 (2004/12/22)
バップ

この商品の詳細を見る


すでに数年前にコミックで読んでいるので、ストーリーは知っていました。が、登場人物も多くかなりの部分を忘れていて、手に汗握ってみてしまいました。

話は飛びますが、私には弟がいます。
よく、お兄さんがいる人が「音楽の影響を受けた」「サッカーに詳しいのは兄の影響」などと話してくれますが、弟から直接受けた影響ってちょっと思い浮かびません。

けれどやはり家の中に男の子がいるという環境は間接的に私に影響を与えていたなあ・・と思うのは私の男子漫画好き。
弟の漫画や雑誌が部屋の中に転がっているとついつい、読んでしまって最新刊を探す事もしばしば。

青年男性雑誌の場合、女の私から見るといくらなんでもその体型はありえない!!という女性や、いくらなんでもそんな態度はとらない!!という展開の作品も多々あるのですが一冊に数話ははまるものがありました。

そうして一度男子漫画に対する先入観がなくなると、少女マンガよりもよっぽど骨太で内容の濃いものがあり、ぐいぐいとひきつけられました。スポーツ・レスキュー・サラリーマン・弁護士・時代物などなど・・・。




Continue

テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

22

Category: 映像

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

海猿
香港では映画料金がとても安いのです。私がいつも行く映画館では
平日40ドル(600円位)です。
邦画がその値段で観れるなんて感激です。ですから邦画がかかるときは
できるだけ観にいきます。日本との上映の時差がありますが、いたし方ありません。

海猿は日本語に広東語の字幕付で上映されていました。
香港人はどのくらいいるのかなあと思って入ったら、10組くらい
いらっしゃいました。まあ、いいほうです。

ちょっとありえない展開が続いてしまって、後半飽きてしまったのですが、一番の感想は・・あの妊婦すごい・・ってところでしょうか。


テーマ : 香港    ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。